読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考拡張日記。

読者と料理とネットが趣味です。

文書の読み書きばかりしている。

文字の読み書きで、日々が過ぎていく。日常的に作る文書は、誰かに向けた連絡のものでなく、個人的な閉じた言葉が多い。閉じたといっても、多少なりともは誰かに読んでもらいたく、Twitter、ブログ等を利用している。 仕事中、ふと思ったことを書く時には、…

思考を終わらせるために、文章を書く。

思うに、文章を書くというのは、自分の中である程度終わっているもの、ある程度一段落しているものについてしか書けない。本当に何かの真っ最中にいるときは何がなんだか分からなくてそれどころじゃないからだ。 phaさんの2年前のエントリを読んでいて、確…

現代の魔術師、落合陽一氏の「発信内容を持っていない人間はSNSをほどほどにしよう」発言について。

SNSは発信することがある人はチャンスやフォロワーをもっと手に入れるし,発信内容を持っていない人は時間をすり減らしていくゲームだから,伝達事項がないならほどほどにしとくのが吉.大学生は大人だから自由にすればいいと思うけど,教員としてはアドバイ…

ブログで長文記事を書く8つのコツ。

今回は、ブログで長文を書くコツを考えてみたいと思う。 Twitterで短文を作ることならば簡単に出来るが1000文字以上などの文章を作成するのにはある程度訓練が必要になってくる。 ただ、訓練といっても特別な作業は要らず、ひたすらに書くことが大切。 Twitt…

ブログを2年以上続けてみて感じた、ブログ継続のコツ。

今回はブログを長く続けるコツについて考えていきたい。僕はかれこれもう2年以上はブログを書いている。 ほぼ毎日とは言わないまでも、あまりサボることなく更新している。その結果として今回は838記事目となった。2年でその数ならば、それなにり書いてき…

野尻抱介氏の「ラノベは読むな、消えてなくなれ」発言について。

SF作家の野尻氏がツイッターにて、ラノベばっかり読んでちゃダメだ、との話しをしていた。私は「中学になったらラノベなんか読むな、大人の本を読め。大人の本で本物の教養やセックスや暴力や愛や人生を学べ」と思ってるので、中高生に迎合したラノベなど消…

書評の書き方を解説しているサイトをまとめてみた。

ぼくは読書が好きなわりには、書評というものが苦手だ。 どのように本を紹介したら良いのか全然分からない。 そもそも書評とは何か。 書評(しょひょう、Book review)とは、一般的に、刊行された書物を読者に紹介する目的で論評や感想などを記す文芸評論の…

ブログは毎日書かないといけないのか。

ブログは毎日書かないと書きにくくなると言われている。文章を書く癖がなくなることで、頭から言葉をひねり出すのを苦労するようになるという意味と、もう一つ意味がある。久々にブログを書くのだからとっておきのネタを披露しなければと敷居が上がってしま…

ブログを書くことの話と教養の話。

仕事で使用する以外でパソコンを日常的に使っている人口は減ってきているのではないだろうか。正直なところ、スマートフォンさえ持っていればパソコンですべき作業のほとんどの代用が効く。どうせ皆、パソコンでたいしたことをしていなかったのだから、さほ…

人生の目的は要らない。

人生の目的とは何なのであろうか。 自分が心から楽しめる趣味を持つことであろうか。情熱を持って取り組んでいける仕事に出会えることであろうか。私は、僕はこのコトのために生きている。そう言えるものを持たねばならないのだろうか。 目的を意識し過ぎる…

ネット上に小出しに文章を載せないほうがいいのか。

作家の森博嗣氏が言っていた。 「現在はTwitterなどのSNSで文章を小出しに書いてしまう癖があるために、小説をじっくりと書けない人が増えている」 「熱意が分散されてしまう。少し書いてはすぐにネットにアップを繰り返していれば、いつまで経っても本当の…

ブログを618記事、書いて思ったこと。

気が付けばこのブログの記事も600を越していた。これで619記事目だ。 これだけ書いてきたにも関わらず、特段ヒットした記事もない。本当にセンスが無いとしかいいようが無い。 さて、これまでにブログを書き続けて学んだことをまとめる。 618記事書いて思っ…

文章力を向上させたい。

様々な方のブログを読んでいると、どうやったらこんな上手い文章が書けるのだろうかって人がたまにいる。 どういう人生経験を詰めば、こんなに面白い内容が出てくるのかと思ったり、どんな本を読んできたら小説家のような文体が作れるのだろうかと感心する。…

はてなブログで色々学んだ。phaさんの記事を読んで。

ネット上で何かしら自分の考えとか想いとか、感想とか書いて、反応もらえたり、読んだよっていう意味でのスターとかもらえるとすごく嬉しい。僕の敬愛するニートphaさんが大切なことははてなが全部教えてくれたと書いてたけど、ちょっとそれに共感出来る。文…

ブログとTwitterの使い分について。

ブログとTwitterの使い分かたがイマイチ分からない。別にどっちでも良いし、好きにしたらいいのだが、どうしようか迷う。少しなんか書きたいだけならTwitterに記せばいいのだろうがTwitterだと文字数が足りず、幾つかのツイートをまたいで一つの話題を書いた…

音楽やアートの才能が無いものは文章を織りなすのみ。

インターネットを通じて、何かしらの表現活動を行っている人は多い。それが収入に繋がっているかどうかとか、気にしなけば相当数になる。 Twitter等で手軽に、不特定多数にすぐさま発信出来、それが面白ければ即レスポンスは返ってくる。自分の実力がどれほ…

作家がどのように物語を頭に浮かべるのか知りたい。

本を読むことに一切関心が無く、幼少期に児童書を少々読んでいただけですね。 なんていう作家はいるのであろうか? いるのであれば訊ねてみたいことは数多くある。 様々な言葉の表現法や使い方はどこから学んだのですか。 そもそも文章の組み方はどこで学ん…

書きかけの文章が消失することほどの絶望は無い。

これまでに何度その苦痛を味わってきたことであろうか。 パソコンの購入費をケチり低額のマシーンを選んだことへの当て付けであろうか。 ブログやら小説を書いている途中、なんどその文章が消えてしまったであろう。 現在も、15分ほど掛けて書いてきた文章…

ネットには無数の才能が散らばっている。

ぼくはインターネットが趣味でして、本を読んでいない間はもっぱら何かしらのSNSやら、WEB記事を読んでいる。常々思うのだがこんなにもまあ無料で、アート、音楽、文章が量産されているなあということ。無料だからといい決して質が悪いわけでなく、むしろ、…

本を読んでも何者にもなれないが、読まねば何者にもなれない。

本を読んでも何者にもなれないが、何者かになりたいと願うならば読み続けるしかないのだ。自分ひとりで生きていても、その生涯から学べることはわずかなもので、長い年月を重ねた割にはたいした言葉は残せなかったりするものである。自分としてはかなりのこ…

疲れるとブログを書きたくなる。

疲れた。 連日の勤務と、体調不良が身を滅ぼす。 すり減らされる自由時間を想い、憂う。 ボクの人生方針としては、賃金よりも圧倒的に自分の時間を優先させる心づもりであるので、仕事づくしとなると本当に嫌気がさす。 まず、外出が億劫である。でければ、…

本を読みたくなる本。読書好きになりたい人にオススメする読書本18冊。

読書ってなんかしんどそう。 文字を読むのが苦手だし、そもそも読書なんてしなくても死なないし。 読んでる暇があれば、テレビ観たいし、ゲームしたいし、出かけたい。 そんな感じで、読書は避けられているのだろうか。 本なんて読んだこと無い。 国語の時間…

日々、文章を書いているとワッとまとまって書ける瞬間がある。

基本的には書くことが苦手で、どう表現したらよいかも分からないし、何を伝えたらいいなかも分からない。だけれども時々、書きたいことが頭の中に溢れる瞬間てのがある。その時は一気に書き上げられるし、読み返しても自分にしては良く出来ているなと思った…

文章を作るという行為をしない人が多い。

日常生活において文章を作成することなど、ほぼゼロに等しい人が多いことであろう。メール、LINEでのやり取り、ツイッター、フェイスブックへの日記投稿。こういう短文は書くにしてもまとまった文章を作り成すことは皆無であろう。仕事での資料作りといった…

頭の中で漠然と考えていることを書き出そう。

ぼんやりと日々を過ごしていると、何となくで毎日が過ぎていく。仕事や家庭のことに追われて、なかなか自分の時間が確保出来なかったりする。そうなると、次第に自分を見失ってくる。あれ、自分って何が好きだったんだっけ?何をしたかったのだっけ?この間…

カッコつけるより、無骨でも心からの言葉を遣いたい。

体裁ばかりを気にした、見てくれだけのいい文章なんて嫌いだ。読んでいても何も響いてこないし、何よりもつまらない。そんなモノは誰にだって書ける。書き手は誰だっていい。自分にしか書けない言葉で、自分にしか表現できないやり方で、書いてもらいたい。…

本とブログの関係性。

ブログを書いていると、本を読む時間が奪われる。逆にブログばかり書いていると、本を読む時間が無くなる。困ったものだが、この両時間の確保は難しい。ブログを書くことがお金に繋がっているのであれば、これも書籍代のためだと割り切れるのだが、別にそう…

成長が人をごう慢にする。

人は成長とともに、自分の中の常識が変化していく。かつては、なかなかうまくいかなったことが、今では当たり前のようにできる。そうなると、なぜ出来なかったのが、分からなくなる。こんな簡単なことになぜ悩んでいたのだろうと。後輩や、初心者の人が、う…

僕がブログを書く上で考えているマイルール。

ブログのアクセス数が安定してきた。安定したといっても、100の台であるがそれでも全然嬉しい。よく分からないが、見に来てくれている人々が一定数いるということなのであろうか。僕のブログは検索からたどり着けるとは到底思えない。なぜなら、時事ネタなん…

ブログという秘密の小部屋。

ハリーポッターのようなタイトルを付けたが、僕の中では秘密の小部屋が一番印象に薄い。ハリーポッターシリーズは大好きだが、好きなのは後半のほうだ。さて、ブログを周囲の知り合いに教えたりしているだろうか。僕はそんな恥ずかしいことは出来ず、一部の…

ブログを書くことは、すごく頭を遣う。

何でもないはずの日常に、何かを見つけ出す。そこに、自分なりの解釈や意味をつける。そして、それを言葉にし、ブログに綴っていく。あくまで、ただの日記にならぬよう、言葉選びや、話の持って行き方に気を遣う。誰かに何かを伝えようと、自分自身に何かを…

大勢の人間と一緒にいると吐き気がしてくる。

最近、たくさんの人に囲まれて過ごしていると吐き気や頭痛がする気がする。全く知らない人間であれば、別に何とも無いのだが、顔見知りや、職場の人たちといった、ある程度のレベルで関わりを持つ必要がある人たちと過ごすのが苦痛でしかた無い。嫌いだとか…

ブログが365記事を超えた。超えて気付いたこと。

気付けば365記事を超えていた。1年間毎日更新した数を超えたのだ。素晴らしい。素晴らしいではないか!ついにやり遂げたのだ。365記事を超えたら、自信がついた。なんだ、自分はやれば出来る奴じゃーないか!と自信が持てた。なんでも長続きしない、飽き性の…

日常をブログに書き残すことで人は成長する。

何も考えずに、毎日を過ごしてと、漠然と日々は過ぎていく。何をしたか、何を考えたかなんて、一週間も経てばまるで思い出せない。出掛けたことなどは、写真を撮ったり、何かお土産を買うことで、ずっと形に残すことが出来る。だが、頭の中のことってのは、…

嘘をつけば、自分を見失う。

嘘をつくことは悪いことだ。これは、他人をあざむく行為は良くないという道徳的な意味合いかと思っていた。だが、それ以外にも、理由があることを知った。嘘をつけば、自分に嘘をつくことになる。嘘を一つ産むと、それをずっと維持しなければならない。その…

1カ月以上、毎日ブログを更新して気付いた5つのこと。

12/9以降、ブログを、毎日書いてきた。別にこれは、自分の義務であるというように、強制を伴った作業としたわけではない。ただ、書くことへのモチベーションがある程度、保てていたため、書いた。ここでとりあえず、毎日ブログを書いて思ったことをまとめた…

僕のブログなんかを見てくれる人に申し訳なく感じる。

いつもブログを見てくださり、ありがとうございます。本当に感謝したくなる。いや、感謝したい。なぜ、こんな何の有益な情報も得られない、単なる日記のようなブログを見てくれているのかと、問いたい。ブログに必要な要素が欠けている。ブログのオキテとし…

ブログのカスタマイズが苦手である。

今日は早朝から、ブログのカスタマイズに取り組んでみた。とにかくデザインをどうにかすれば、アクセスも増えるのだろうと思ったからだ。いくつものブログを渡り歩き、「こうこう、こうしなさい」「これでアクセス数が一気にアップです!」という見出しに踊…

【ブログ術】考えるのが遅い人が、ブロガーに向いている。バカになるほうがいいかも。

この世には妙に頭が早く働く人たちがいる。「つまり、これはこういうことですね。はい、おしまい」と、何でも割り切ってすぐにことを終えてしまう要領のいい人たちだ。彼らは優秀であり、何でもそつなくこなし、時間を有効活用している。それは、実に素晴ら…

飽きっぽい僕がよくもまあ300記事を超えましたね。

気が付けば、このブログも335記事目となっている。おお、こんなにも何か一つのことが続くだなんて。。。とちょっと感慨深い。書いているのは、まあ、更新を滞らせないようにと、自分の尻にムチを打つつもりで、有料会員になったからである。しかし、こう言っ…

無数の選択肢が散らばるこの世界で、何に導かれればいいのだろうか。

この世には選択肢が多すぎる。毎日、何かの判断に迫られている。仕事、プライベート問わず、僕らはいつも答えを求められる。仕事でなら、答えは簡単だ。会社の規則や法令に従えばいいだけである。だが、プライベートとなるとそうもいかない。なぜなら、正解…

幸せを感じる幸福度を下げることが、人生をうまく生きるコツだと思う。『持たない幸福論』pha著

ぼくは、さいきん何にでも幸福を感じるようになった。特別なことをしなくとも、何か常に幸せを感じているのだ。例えば、洗濯をして、洗濯物を干している時も、なんか、「うん、生活しているなー」と、よく分からない充実感がある。いままで挑戦したことの無…

文章がうまくなりたきゃ書き続けるしかないんだよね。

椎名誠さんの快活なエッセイを読んだり、立花隆さんの分厚い知識を読んだりしてると、「ぐわあー、おれはなんて無能なんだ!!」となる。少しでも文章力を向上したく、こうしてブログを書いてるのだが、なかなか上達しない。どうせ書くことが自分に向いてな…

【ライフハック】精神を安定させる為に、本を読み、ブログを書こう。

僕の精神安定剤は、読書とブログである。 どちらの行為も、自分自身と向き合える。そう、自分と向き合う時間を確保することが、心を穏やかにすることに繋がっている。 ■本を読むとは、自分を読むこと。 これは、プログラマーであり書評家である、小飼弾さん…

【よく分からないこと】本の内容の一部を公開してるサイトに有料登録する人っているの?

僕は、世の中によく分からないことがたくさんある。まずは、本の中身の一部だけを公開しているサイトだ。一部といってもまるまる一章読めるわけではない。一章の半分だったりする。そして、この続きを読みたいかたは、登録を!と表記されている。なんで、こ…

ぼくは海が怖くてたまらない。恐怖症の話。

僕は昔から海が怖い。とにかく海の画像を見るとウワーッと叫びそうになる。いや現に、腹の中では悲鳴を挙げている。これは何なのだろうか。前世で何かあったのか?非科学的なものは一切信じない僕であるが、異様に海に苦手意識を持っている。もちろんのごと…

この一年で思考は拡張されたのか。人生は頭の遣い方一つで豊かになる。

僕はこのブログを自己成長の為に使っている。如何に自己プログラムを書き換え、どの様に頭脳内を変化させ、面白くしていけるか、それだけを考えている。その為のツールとしてブログを活用しているのだ。僕は元々はノートにひたすら頭の中に湧き上がった考え…

ブログがSmartNewsに掲載されたらアクセス数が20倍になった。

昨日、このブログの記事がSmartNewsに掲載された。 (SmartNewsとはスマートフォン向けニュースアプリのこと SmartNews) 載ったのは下記の記事だ。 motemoteninaru.hatenablog.com 内容としては、僕の人生において、大きな変化を与えてく…

インターネット上で流行る文章はどういうものか? 

文章を作ることは結構面倒な作業である。 誰かに見せる訳でなく、自分だけが読むものであれば、別に内容が支離滅裂であれ、どんなに辻褄の合わないものであってもいいのだが、ブログなど他人に発表する文となるとそうもいかない。 一応は、内容の整合性を考…

なんだかよく分からないが、ブログを書くモチベーションが下がっている。

何のお陰であるかよく分からないが、ブログのアクセスがここ数日増えている。 いつもの2倍以上はある。 あまりアクセス数に拘ったりせず、淡々と更新してきていたのだが、いざ、増えている数を見ると、やっぱり嬉しいというか、なんか更新しようかなという…