思考拡張日記。

日々感じたこと、学んだことを文章にしています。

文章

インターネット上で流行る文章はどういうものか? 

文章を作ることは結構面倒な作業である。 誰かに見せる訳でなく、自分だけが読むものであれば、別に内容が支離滅裂であれ、どんなに辻褄の合わないものであってもいいのだが、ブログなど他人に発表する文となるとそうもいかない。 一応は、内容の整合性を考…

なんだかよく分からないが、ブログを書くモチベーションが下がっている。

何のお陰であるかよく分からないが、ブログのアクセスがここ数日増えている。 いつもの2倍以上はある。 あまりアクセス数に拘ったりせず、淡々と更新してきていたのだが、いざ、増えている数を見ると、やっぱり嬉しいというか、なんか更新しようかなという…

短編小説「インストール。」

「世に発表する訳でも無い、仕事でもない小説を書き続ける意味はあるの?誰かに向けたメッセージであるわけでもなく、何かを伝えたいとの強い思いもないのでしょ?」「なのに、ただ毎日家に引きこもり、書き続けて、そこに何が残るの?なにを成し得たと言え…

文章を作ることは楽しい。

どうも最近は、生活がおざなりになってきている気がする。僕の唯一の趣味である読書もイマイチ進んでいない。ちょっと前までは、1日に5冊位は軽く読めていたのだが、どうも集中出来ないというか、他の事をはじめたり、何度も読んでいるお気に入りの書を手に…

ブログは毎日書くべきか?

ブログは毎日書いたほうがいいのか?結論、どっちでもいい。はい、これにて今回の記事は終了。という訳でなく、なぜそう思うかについて、ダラダラと書いていきたいと思う。■ブログを毎日書いても、書かなくてもどっちでもいいと思う理由は?1、そもそもブロ…

作家とはグダグダ考える人たちが向いている。

世の中には作家に向いている人と向いてない人がいるようだ。どのような人が向いているのかと言うと、グダグダと一つのことをああでもない、こうでもない、とトロトロ考えられる人である。以前、村上春樹さんの『職業としての小説家』を読んだ際にその様な話…

昼ゴハンを誰かと取ろうか悩んでみた時の話。

一人の休日は昼ごはんの準備が面倒である。 冷蔵庫に何かしら食材が揃っていればそれでこしらえるのだが、わざわざ、何も無いと、別に食べなくてもいいかとなる。 同居人がいるときは、どこかに食べに行こうかとなるが。 そんな時、食事だけをさっと出来る知…

情報は絞るべきか、複数のメディアを持つべきか。

僕はどうも浮気症だ。新たなるSNSやウェブサービスが登場すると登録して、少しばかり使ってみるもすぐに放置を繰り返している。そして、その様々な所に足跡のみ残して、移り住んでいくため、まとまった自分の情報を一箇所に残せていない。そのように、千切っ…

長文を書けるようになりたい。文章が上手くなりたい。『原稿用紙10枚を書く力』(齋藤孝著)だいわ文庫

僕は長文を書くことが苦手だ。何かめちゃくちゃ書き連ねたい!と心の底からフツフツと湧き上がる思いが時たま現れるのだが、どうもそれを上手く文章化することが出来ない。 ということで先日、齋藤孝先生の『原稿用紙10枚を書く力 (だいわ文庫)』を買って…

長文を書くコツてなんだろう。文章力をアップさせる方法を考えてみた。

武器としての書く技術 (中経出版) 作者: イケダハヤト 出版社/メーカー: KADOKAWA / 中経出版 発売日: 2013/06/27 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (3件) を見る 武器としての書く技術―30万人に届けて月50万円稼ぐ!新しいマル秘文章術 作者: イケダ…