思考拡張日記。

日々感じたこと、学んだことを文章にしています。

文章

頭の中で漠然と考えていることを書き出そう。

ぼんやりと日々を過ごしていると、何となくで毎日が過ぎていく。仕事や家庭のことに追われて、なかなか自分の時間が確保出来なかったりする。そうなると、次第に自分を見失ってくる。あれ、自分って何が好きだったんだっけ?何をしたかったのだっけ?この間…

カッコつけるより、無骨でも心からの言葉を遣いたい。

体裁ばかりを気にした、見てくれだけのいい文章なんて嫌いだ。読んでいても何も響いてこないし、何よりもつまらない。そんなモノは誰にだって書ける。書き手は誰だっていい。自分にしか書けない言葉で、自分にしか表現できないやり方で、書いてもらいたい。…

本とブログの関係性。

ブログを書いていると、本を読む時間が奪われる。逆にブログばかり書いていると、本を読む時間が無くなる。困ったものだが、この両時間の確保は難しい。ブログを書くことがお金に繋がっているのであれば、これも書籍代のためだと割り切れるのだが、別にそう…

成長が人をごう慢にする。

人は成長とともに、自分の中の常識が変化していく。かつては、なかなかうまくいかなったことが、今では当たり前のようにできる。そうなると、なぜ出来なかったのが、分からなくなる。こんな簡単なことになぜ悩んでいたのだろうと。後輩や、初心者の人が、う…

僕がブログを書く上で考えているマイルール。

ブログのアクセス数が安定してきた。安定したといっても、100の台であるがそれでも全然嬉しい。よく分からないが、見に来てくれている人々が一定数いるということなのであろうか。僕のブログは検索からたどり着けるとは到底思えない。なぜなら、時事ネタなん…

ブログという秘密の小部屋。

ハリーポッターのようなタイトルを付けたが、僕の中では秘密の小部屋が一番印象に薄い。ハリーポッターシリーズは大好きだが、好きなのは後半のほうだ。さて、ブログを周囲の知り合いに教えたりしているだろうか。僕はそんな恥ずかしいことは出来ず、一部の…

ブログを書くことは、すごく頭を遣う。

何でもないはずの日常に、何かを見つけ出す。そこに、自分なりの解釈や意味をつける。そして、それを言葉にし、ブログに綴っていく。あくまで、ただの日記にならぬよう、言葉選びや、話の持って行き方に気を遣う。誰かに何かを伝えようと、自分自身に何かを…

大勢の人間と一緒にいると吐き気がしてくる。

最近、たくさんの人に囲まれて過ごしていると吐き気や頭痛がする気がする。全く知らない人間であれば、別に何とも無いのだが、顔見知りや、職場の人たちといった、ある程度のレベルで関わりを持つ必要がある人たちと過ごすのが苦痛でしかた無い。嫌いだとか…

ブログが365記事を超えた。超えて気付いたこと。

気付けば365記事を超えていた。1年間毎日更新した数を超えたのだ。素晴らしい。素晴らしいではないか!ついにやり遂げたのだ。365記事を超えたら、自信がついた。なんだ、自分はやれば出来る奴じゃーないか!と自信が持てた。なんでも長続きしない、飽き性の…

日常をブログに書き残すことで人は成長する。

何も考えずに、毎日を過ごしてと、漠然と日々は過ぎていく。何をしたか、何を考えたかなんて、一週間も経てばまるで思い出せない。出掛けたことなどは、写真を撮ったり、何かお土産を買うことで、ずっと形に残すことが出来る。だが、頭の中のことってのは、…

嘘をつけば、自分を見失う。

嘘をつくことは悪いことだ。これは、他人をあざむく行為は良くないという道徳的な意味合いかと思っていた。だが、それ以外にも、理由があることを知った。嘘をつけば、自分に嘘をつくことになる。嘘を一つ産むと、それをずっと維持しなければならない。その…

1カ月以上、毎日ブログを更新して気付いた5つのこと。

12/9以降、ブログを、毎日書いてきた。別にこれは、自分の義務であるというように、強制を伴った作業としたわけではない。ただ、書くことへのモチベーションがある程度、保てていたため、書いた。ここでとりあえず、毎日ブログを書いて思ったことをまとめた…

僕のブログなんかを見てくれる人に申し訳なく感じる。

いつもブログを見てくださり、ありがとうございます。本当に感謝したくなる。いや、感謝したい。なぜ、こんな何の有益な情報も得られない、単なる日記のようなブログを見てくれているのかと、問いたい。ブログに必要な要素が欠けている。ブログのオキテとし…

ブログのカスタマイズが苦手である。

今日は早朝から、ブログのカスタマイズに取り組んでみた。とにかくデザインをどうにかすれば、アクセスも増えるのだろうと思ったからだ。いくつものブログを渡り歩き、「こうこう、こうしなさい」「これでアクセス数が一気にアップです!」という見出しに踊…

【ブログ術】考えるのが遅い人が、ブロガーに向いている。バカになるほうがいいかも。

この世には妙に頭が早く働く人たちがいる。「つまり、これはこういうことですね。はい、おしまい」と、何でも割り切ってすぐにことを終えてしまう要領のいい人たちだ。彼らは優秀であり、何でもそつなくこなし、時間を有効活用している。それは、実に素晴ら…

飽きっぽい僕がよくもまあ300記事を超えましたね。

気が付けば、このブログも335記事目となっている。おお、こんなにも何か一つのことが続くだなんて。。。とちょっと感慨深い。書いているのは、まあ、更新を滞らせないようにと、自分の尻にムチを打つつもりで、有料会員になったからである。しかし、こう言っ…

無数の選択肢が散らばるこの世界で、何に導かれればいいのだろうか。

この世には選択肢が多すぎる。毎日、何かの判断に迫られている。仕事、プライベート問わず、僕らはいつも答えを求められる。仕事でなら、答えは簡単だ。会社の規則や法令に従えばいいだけである。だが、プライベートとなるとそうもいかない。なぜなら、正解…

幸せを感じる幸福度を下げることが、人生をうまく生きるコツだと思う。『持たない幸福論』pha著

ぼくは、さいきん何にでも幸福を感じるようになった。特別なことをしなくとも、何か常に幸せを感じているのだ。例えば、洗濯をして、洗濯物を干している時も、なんか、「うん、生活しているなー」と、よく分からない充実感がある。いままで挑戦したことの無…

文章がうまくなりたきゃ書き続けるしかないんだよね。

椎名誠さんの快活なエッセイを読んだり、立花隆さんの分厚い知識を読んだりしてると、「ぐわあー、おれはなんて無能なんだ!!」となる。少しでも文章力を向上したく、こうしてブログを書いてるのだが、なかなか上達しない。どうせ書くことが自分に向いてな…

【ライフハック】精神を安定させる為に、本を読み、ブログを書こう。

僕の精神安定剤は、読書とブログである。 どちらの行為も、自分自身と向き合える。そう、自分と向き合う時間を確保することが、心を穏やかにすることに繋がっている。 ■本を読むとは、自分を読むこと。 これは、プログラマーであり書評家である、小飼弾さん…

【よく分からないこと】本の内容の一部を公開してるサイトに有料登録する人っているの?

僕は、世の中によく分からないことがたくさんある。まずは、本の中身の一部だけを公開しているサイトだ。一部といってもまるまる一章読めるわけではない。一章の半分だったりする。そして、この続きを読みたいかたは、登録を!と表記されている。なんで、こ…

ぼくは海が怖くてたまらない。恐怖症の話。

僕は昔から海が怖い。とにかく海の画像を見るとウワーッと叫びそうになる。いや現に、腹の中では悲鳴を挙げている。これは何なのだろうか。前世で何かあったのか?非科学的なものは一切信じない僕であるが、異様に海に苦手意識を持っている。もちろんのごと…

この一年で思考は拡張されたのか。人生は頭の遣い方一つで豊かになる。

僕はこのブログを自己成長の為に使っている。如何に自己プログラムを書き換え、どの様に頭脳内を変化させ、面白くしていけるか、それだけを考えている。その為のツールとしてブログを活用しているのだ。僕は元々はノートにひたすら頭の中に湧き上がった考え…

ブログがSmartNewsに掲載されたらアクセス数が20倍になった。

昨日、このブログの記事がSmartNewsに掲載された。 (SmartNewsとはスマートフォン向けニュースアプリのこと SmartNews) 載ったのは下記の記事だ。 motemoteninaru.hatenablog.com 内容としては、僕の人生において、大きな変化を与えてく…

インターネット上で流行る文章はどういうものか? 

文章を作ることは結構面倒な作業である。 誰かに見せる訳でなく、自分だけが読むものであれば、別に内容が支離滅裂であれ、どんなに辻褄の合わないものであってもいいのだが、ブログなど他人に発表する文となるとそうもいかない。 一応は、内容の整合性を考…

なんだかよく分からないが、ブログを書くモチベーションが下がっている。

何のお陰であるかよく分からないが、ブログのアクセスがここ数日増えている。 いつもの2倍以上はある。 あまりアクセス数に拘ったりせず、淡々と更新してきていたのだが、いざ、増えている数を見ると、やっぱり嬉しいというか、なんか更新しようかなという…

短編小説「インストール。」

「世に発表する訳でも無い、仕事でもない小説を書き続ける意味はあるの?誰かに向けたメッセージであるわけでもなく、何かを伝えたいとの強い思いもないのでしょ?」「なのに、ただ毎日家に引きこもり、書き続けて、そこに何が残るの?なにを成し得たと言え…

文章を作ることは楽しい。

どうも最近は、生活がおざなりになってきている気がする。僕の唯一の趣味である読書もイマイチ進んでいない。ちょっと前までは、1日に5冊位は軽く読めていたのだが、どうも集中出来ないというか、他の事をはじめたり、何度も読んでいるお気に入りの書を手に…

ブログは毎日書くべきか?

ブログは毎日書いたほうがいいのか?結論、どっちでもいい。はい、これにて今回の記事は終了。という訳でなく、なぜそう思うかについて、ダラダラと書いていきたいと思う。■ブログを毎日書いても、書かなくてもどっちでもいいと思う理由は?1、そもそもブロ…

作家とはグダグダ考える人たちが向いている。

世の中には作家に向いている人と向いてない人がいるようだ。どのような人が向いているのかと言うと、グダグダと一つのことをああでもない、こうでもない、とトロトロ考えられる人である。以前、村上春樹さんの『職業としての小説家』を読んだ際にその様な話…