思考拡張日記。

日々感じたこと、学んだことを文章にしています。

本の話

読書感想文。『無敵の思考』 ひろゆき著

論理的に考えて論理的に論理的に結果を出す生き方が幸せになれる ランニングコストは上げない ホームレスになる覚悟を持つ 利用できる物は全て利用する 根拠のない自信を持つ 消費者は一生、幸せになれない 「お金を使いたい人」を利用する 「なるべく楽に生…

本を無料で手に入れる方法について。

無料で本を手に入れる方法 フリーペーパーを読む 図書館の除籍本を入手する 無料で持ち帰り可能な本を置いている店に行く 友だちに貰う ネットの献本に応募する インターネット上には無数の文章が存在しているが、まとまったモノを読みたい時には不便だ。断…

君は探索能力を鍛えているか?

【目次】 探索能力について 探索能力とは頭を遣うこと 考えて、今この瞬間を大切にしよう 習慣化させよう! こんにちは。今日は探索能力についての話をします。 まず、探索能力とはなんでしょうか? 探索能力について 『大学1年生の歩き方 先輩たちが教える…

島という狭い国家『風のまつり』椎名誠 著 講談社

風のまつり (講談社文庫)作者: 椎名誠出版社/メーカー: 講談社発売日: 2007/06/15メディア: 文庫この商品を含むブログ (4件) を見る あらすじ 謎の女が島にいた。図鑑の撮影で訪れただけのカメラマン・神田六平を、南の島の人々は怪しんで、あれこれと勘繰る…

ひと月で70冊読むための方法について書きました。

ひと月に本を70冊読む方法について書きます。 そんなに本を読めるの? まず、本をそんなに読むことは可能なのかという話になります。 はい、読めます。出来るのです。といっても、70冊も読んだの先月と今月だけであり、それまでは30から50の間でありました…

信じられないほどの不幸ーー『四丁目の夕日』 著:山野一

あらすじ大学受験を目指し勉学に励む主人公別所たけし、そんな彼の人生は母の事故から始まる連鎖反応的な不幸により無間地獄へと堕ちていく……。 国内を代表するサブカルチャー文化を生みだした漫画雑誌『ガロ』にて連載されていた、山野一氏の代表作品です。…

2016年に読んで面白かった本、41冊。

2016年が終わってしまうので、終わる前に今年読んで面白かった本を一挙に羅列してみた。 『アイスプラネット』 椎名誠 著 アイスプラネット作者: 椎名誠出版社/メーカー: 講談社発売日: 2014/02/21メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る 家に居…

読書をしているだけで頭が良いと勘違いされるのでオススメですよ。

バカになるほど、本を読め!作者: 神田昌典出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2015/01/27メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る ただ単に本を読んでいるというだけで、真面目だとか勉強熱心だとか頭がいいとか勘違いをされる。 実際の…

ひと月に50冊本を読んでいた男が、読むのをやめてみた結果。

読書を一時的にやめた結果。 1.言葉が出ない。 表現しようにも言葉が出ない。語彙がどんどんすり減っていく。元々乏しかった言葉のストックが目に見えて不足していく。これはヤバイ。日常的に文章を作ることが仕事であれば致命的。幸いにも文章を書くこと…

本を安く手にする方法を考えてみる。

本を安く入手していく方法について考えたい。 本読みにとって気になるのは購入費。 1冊、1冊はわずかなものであるが、月に数十冊購入するような人であればそれなりに懐が痛んでくる。 どうしたら、お金を遣わずに本を沢山読めるかについて書いていく。 ■安…

not to do list (しないことリスト)を作ろう。

勝間和代さんの本を先日読んだ。 効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法 作者: 勝間和代 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2007/12/14 メディア: 単行本 購入: 24人 クリック: 922回 この商品を含むブログ (697件) を見る 今…

【書評】持ち物を減らす生活『貧乏入門』(小池龍之介著)

昨今、話題であるミニマリストという言葉。ちょっと前までは結構テレビ番組でも特集が組まれていて、頻繁にミニマリストというワードを耳にしていた。 わざわざ、解説するまでもないとおもうが、ミニマリストとは必要最低限のモノだけで生活する人々のこと。…

ぼーっとしたい『ぼんやりの時間』著者 辰濃和男 岩波新書

雨の日ほど、外出気力を削ぐものはない。 身体が濡れたり髪の毛が濡れるのはとても不快だ。 衣服が濡れれば、乾いても生乾きのタオルみたいな匂いがしたりすれば、絶望的にショックを受ける。洗濯が面倒であるから。まあ、洗わないと気持ち悪いんだけど。 家…

読書が好きになる本。読書家にオススメする18冊。

読書ってなんかしんどそう。 文字を読むのが苦手だし、そもそも読書なんてしなくても死なないし。 読んでる暇があれば、テレビ観たいし、ゲームしたいし、出かけたい。 そんな感じで、読書は避けられているのだろうか。 本なんて読んだこと無い。 国語の時間…

火星でサバイバル生活!SF映画『オデッセイ』が面白い。

昨晩は映画を観てきた。 2/5に公開したばかりの『オデッセイ』が観たくてたまらなかったからだ。昨年の夏前頃に小説を読んでいたので、映像でも観たくなった。 『オデッセイ』とは、火星に誤って取り残された宇宙飛行士ワトニー(マットデイモン)が主人公の…

本をたくさん読む方法。

読書ってのは結構めんどくさい。時間も掛かるし、途中で飽きたりして、閉じてしまう。一度そうなると、続きを読む気力が出ない。そうして、読書から遠ざかる。そもそも本なんて読まなくても生きていける。ただの暇つぶしである。だが、本を読むと、自分の世…

自分の中で常識になっていることが、他人には新しいものだったりする。

こんなことをわざわざ伝えなくていいかな。とか、こんなこと誰でも当たり前に考えていることだよね。なんて、ものが実は他人にとっては驚きであったり、新しい価値観だったりする。自分の中では常識となっているものは、長い年月を掛けて、あれこれ考えて熟…

人は同じ環境に居続けると飽きてしまう。環境を変えよう。

Phaさんの本を読んでいると、人は同じ状態が続くと飽きてしまうから、環境を変え続けたほうがいいって話が出てくる。自分は、家にいることが好きで、ずっと引きこもっていられると思っていたが、最近、ちょっと家にいすぎた為に、飽きてきた。なので、場所を…

幸せを感じる幸福度を下げることが、人生をうまく生きるコツだと思う。『持たない幸福論』pha著

ぼくは、さいきん何にでも幸福を感じるようになった。特別なことをしなくとも、何か常に幸せを感じているのだ。例えば、洗濯をして、洗濯物を干している時も、なんか、「うん、生活しているなー」と、よく分からない充実感がある。いままで挑戦したことの無…

恋愛は人類最高の遊び。付き合う、結婚するということについて考えた。

なんの本に書いてあったのだろうか。最近、色んなジャンルの本を並行して読みすぎた為、記憶が定かでない。ただ、恋愛は人類最高の遊び。というフレーズにすごく共感した。友達でありパートナー恋人とか、結婚相手とかは、恋愛対象であると同時に、良き友で…

【本全品20%OFF!!】ブックオフでお宝探し。本日がセール最終日だ!! ブックオフの良いところも紹介。

ブックオフは宝の宝庫だ。 僕はブックオフに足繁く通っている。 最低週に一度は訪れていると思う。 すぐ近所にあるからという理由ではあるが。 本日までセールを行っている。 毎年恒例の年明けセールだ。 www.bookoff.co.jp (全店舗で行っているわけではな…

【書評】人はみな、いつかは死ぬ。死を意識する事で人生の密度が上がる。『不幸な国の幸福論』(加賀乙彦著)

不幸な国の幸福論 (集英社新書 522C) 作者: 加賀乙彦 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2009/12/16 メディア: 新書 購入: 9人 クリック: 92回 この商品を含むブログ (24件) を見る 人はみな、死刑囚として生まれついている。 不確定な未来において一つだけ誰…

あなたの人生の主役はあなた自身だ。誰かのための人生ではない。

世の中の人は二手に分かれる。 なんでもどうせ無理だの、そんな生き方は無謀だの、すぐに騒ぐ人。 どうにかなるんじゃないの?ととりあえず行動を起こせる人。 前者は悲観論者であり、後者は楽観者である。 そして、大抵の者は悲観論者である。 悲観論者は悲…

知識が、人の素直さを奪うという嘘。

先ほど、とあるブログを読んでいて、ちょっと引っかかることがあった。知識を得れば得るほど、人は素直さを失ってしまう。という話。僕はどうもこれに納得がいかない。果たしてそうなのだろうか?■知識が無い人ほど、素直でない。知識を持ってない人というの…

【ブログ運営】書くことが思いつかない。だけど、とりあえず書き続けよう。【ブログ術】

ブログを毎日書こうと思っていても、どうも気が乗らない日もある。 なんだか疲れているから今日はいいやとか。 特に書きたいこともないからいいやとか。 そんな感じに。 だけど、とりあえず書こうと、パソコンの画面の前に座ってみることが大切だ。 もしくは…

【ライフハック】精神を安定させる為に、本を読み、ブログを書こう。

僕の精神安定剤は、読書とブログである。 どちらの行為も、自分自身と向き合える。そう、自分と向き合う時間を確保することが、心を穏やかにすることに繋がっている。 ■本を読むとは、自分を読むこと。 これは、プログラマーであり書評家である、小飼弾さん…

本を1000冊読んだら人生が変わった。本が教えてくれた7つのこと。

ぼくの読書記録は1000冊を超えた。 ぼくはここ最近、月に50冊ほど読んでいる。 読書を本格的に始めたのは2、3年前からだけど、ようやく1000冊の壁を超えた。 「本を1000冊も読むなんて、どういうことや!」とずっと思っていたけど意外にいけるもんだ。 高校…

人生は波だよ。良いことも悪いこともそんなに気にすんな。

ありきたりな表現だけど、人生は波だと思うよ。いつ荒れるか分からないし、いつ心地の良いさざ波になるかも分からない。うまく人生の波を乗りきるには、あまり気にしないこと。よく、悪いことが続くと、「自分はなんて不幸なんだ」と、何でもかんでも否定的…

子どもは、話を聞いてくれて、何でも知ってる大人が好きなんだよ。

何の本に書いてあったのか分からないが、子どもが言うことを聞く大人には、とある特徴があるときいた。それはどの様なものであるか?■子どもが言うことをきく、大人の特徴。1.話をきいてくれる。子どもは話を聞いてくれる人が好きだ。たいていの大人はきちん…

【書評】兄弟の仲を悪くする原因は親にある。『きょうだいコンプレッ』(幻冬社)岡田尊司著

先日、岡田尊司さんの『きょうだいコンプレックス』を読んだ。きょうだいコンプレックス (幻冬舎新書)作者: 岡田尊司出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2015/09/30メディア: 新書この商品を含むブログを見る 内容としては、タイトル通りなんだけど、いかにして…