読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考拡張日記。

読者と料理とネットが趣味です。

「ありがとうございます」は、役に立つ。

他人から褒められた時の対応を、皆はどうしているのだろうか。自分は、あまり素直になれず、「いえいえ、そんなことはないです。本当にダメなんです」みたいな感じに全力で否定するスタイルを昔はとっていた。「ありがとうございます。嬉しいです」みたいに…

1人で全てをしようというのは、間違い。

最近、主体的に情報を取りに行くという行為に疲れてきた。主体的・能動的に行動することは、すごくエネルギーがいる。 黙ってじっとしていても、良質な情報が入ってくる環境を構築出来たらいいのになと考えている。分業をすべきなのだろう。【目次】 情報の…

夜は早く帰りたい。

最近、夜に外にいるとスゴく家に帰りたくて仕方がなくなる。学生の頃は夜まで遊ぶのにも全然付き合っていたのだが、夜は普通に寝たいと思うようになった。1日の全ての活動エネルギーを消費し終えた精神状態で、何も生産的な行動を起こせるはずがない。 まあ…

僕の世界を広げた、ガラケー。

特別お題「おもいでのケータイ」思い出のケータイは、高校三年生の終わりの頃に買ってもらったドコモのガラケー(FOMA f702id)だろうか。 それまではパケット制限契約をしていて、着うたを数曲ダウンロードしただけで、その月の使用上限額を使い終わってし…

物で溢れかえった部屋に、良いことはない。

乱雑な部屋の中にいると、注意力が散漫になり、一体どこへ自分の意識を向ければよいのかが定かではなくなる。頭が次第に混乱してきて、うまく目の前の事象を処理出来なくなる。 【目次】 人間は多くの物を処理しきれない 持ち過ぎた物に、利点はない 不要物…

過去の知り合いを、呼び戻さないこと。

過去の人間を無理矢理引き戻しても、良いことはない。自分の元から去った相手を探し出して連絡を取るようなことはやめておいた方がいい。関係性が終わったことに、意味はあったのだ。生きる方向、思考の形状、が異なり、それ以上の関わり合いを持つことが困…

欲求を多く抱えているのは、若さの証し。

「何かをしたい、欲しい、食べたい」とかの欲求は若さの証拠なのかもしれない。30歳を超えたあたりから、精神的に落ち着いてきて、特に強い刺激を求めることがなくなる。 【目次】 「何かをしたい、欲しい、食べたい」とかの欲求は若さの証拠なのかもしれ…

文書の読み書きばかりしている。

文字の読み書きで、日々が過ぎていく。日常的に作る文書は、誰かに向けた連絡のものでなく、個人的な閉じた言葉が多い。閉じたといっても、多少なりともは誰かに読んでもらいたく、Twitter、ブログ等を利用している。 仕事中、ふと思ったことを書く時には、…

じっとしていることが、苦手だ。

何事も飽きやすく長続きしない反面、本当に楽しめることに関しては、コツコツと小さな積み重ねをすることができる。一気にババっとハマって試行錯誤はしてみるが、見切りを付けるのも早い。これでは何も実績を残すことが出来ずに、スティーブ・ジョブズの言…

仕事の話しかしない、同僚たち。

自分の仕事の話に興味が持てない。職場のほとんどの同僚は、もっぱら仕事に関する話題ばかりを休息時間にも話している。 会社の方針や、勤務形態や、休憩時間の量について。そんなにも仕事が心底好きな人しか、いないのかと驚かされる。 職場にいるあいだは…

ブログ継続のコツは「今、ここ」に注目すること。

脳科学者、茂木健一郎のツイートを今朝は読んでいた。「継続の秘訣は、常に今、ここに没入すること」というテーマでつぶやかれていた。創造することには、長い努力の継続が不可欠である。その際に、自分が継続している、ということ自体に注意を向けると、ま…

1人でお金を遣うことが苦手だ。

僕はあまりお金を遣わない。お金を遣うことが苦手な理由は、お金が無ければ何も楽しみを見出せない、つまらない人間だと、自分を認識させてしまう気がするからかもしれない。 基本的に、自分が楽しいと感じる瞬間は、あまりお金の掛かっていないイベントや体…

同棲生活を2年間してみて、学んだこと。

結婚するなら、同棲を1度してみるのは悪くないと考えている。 実際に自分自身、約2年間ほど行った。 1年目の時にも同棲のことを書いた。 彼女と1年同棲してみて感じたことまとめ。 - 思考拡張日記。 「同棲すると相手に幻滅して結婚までたどり着けなくなる…

コミュ障の僕が、会社に4年ほど勤めて感じたこと。

「自分のしたいことを仕事にしなければ」とか「適性はどうなのだろうか」といったことで、就職活動中の学生は悩み続ける。自分自身、就活中にずいぶんと苦労した。苦労したというのは、それまでの人生において、自分がどんな仕事をしたいと考えたことが無か…

無駄遣いからの、卒業。

今週のお題「卒業」無駄遣いからの卒業。大学生時の自分は、貯金は常にゼロ円だった。バイド代が振り込まれて、数万円の金額が表示されればすぐに、全額引き下ろしていた。クレジットカードを持っていなかったので、お金は全て財布に入れていた。今思えば、…

性格の裏表をうまく作れない。

性格の裏表を作ることが出来ない。好きなモノや人に対しては好きという表現をあからさまにするし、嫌いなモノや人に対しては割と露骨に出てしまう。露骨にといっても、さすがに横柄な態度で接するとかではないが、話そうとしないとか、挨拶だけしてその場か…

考える生活を送る。

何かをしても、しなくても、平等に時は流れていく。 会社勤めをしていると労働と余暇の線引きがはっきりとしている。 仕事に行く日以外は、何をしていてもよく個人の自由であり、それを会社に制約されるものではない。その自由をどう扱うかによって、自分の…

夜更かししても、パフォーマンスは悪い。

以前は夜が好きだなと思っていたけど、夜に出来ることってたかがしれている。 というか、かなり生産性は低く、やってもやらなくてもいいような、時間を潰すだけの作業をやり続けることのほうが多い。 疲れが溜まっている 朝から活動しているから疲れも溜まっ…

スマホでばかり文字を読んでいる。

最近、スマホで延々と活字を追う作業をしている。気になるブログを見付けたら延々とエントリを遡って読み続けたり、ツイッターのタイムラインも眺め続けたりという感じに。本を読むことも好きだけど、電子書籍に抵抗感が薄くなってから、ネット上の文章もそ…

時間がもったいなくて、他人に会えない。

人と会う時間がもったいないと感じてしまう。 誰かと休日を過ごすことへの抵抗感が強い。「その間に何冊の本が読めるな」とか、「このお金で何日分の食費が賄えるな」とか、そんな浅ましいことをつい考えてしまう。こんなことを言い続けていると、誰からも休…

「 したい、したい」と言い続けるだけの人生はやめよう。

いつかは、◯◯をしたいこう言っているだけで年月だけが経って、いつまでも実行に移せないことがあるのではないだろうか。自分も含め、これまでに◯◯したいんだよね、と言い続けているだけの人をたくさん見てきた。 そして、そういう人ほど始めることはない。 …

生きやすくなってもらいたいから、ブログを書いている。

僕がブログを書く目的はいくつかある。その中でも1番に考えていることは、ブログを読んでもらうことで少しでも生きやすくなってもらえたらいいなということ。 【目次】 文章の力は素晴らしい 自分の好きなことや居心地のいいことを手放すのはつらい 本が救っ…

お金が無くても、人生は楽しめる。

世のなか、けっこう無料で済ますことが出来る。節約情報はネット上に無限にあるので探せば、自分が知りたい分野について学べるだろう。自分はあまり恩恵を受けれてはいないのだけれど、日頃ありがたいなと思いながら過ごしていることについて、書いていきた…

自転車に乗れない大人もいる。

僕は自転車に乗れない。10代の頃に1度も練習したことが無いのかと言えば、そんなことはない。小学校入学と共に自転車を買ってもらい練習した経験はある。だが、その当時は補助輪を付けて走っていた。補助輪付きの自転車に乗っていた記憶はあるのだが、外し…

恋愛はお金の掛からない娯楽。

昨日は「ニート祭り」に参加してきた。 (↑詳しいイベント内容は前回の記事を読んで下さい。) 2部で行われたトークライブにおいて、恋愛と結婚の話が出てきた。 議題としては「ニートだと、恋愛も結婚も出来ないのではないか?」 「お金がないと、結婚どこ…

友達といる時間は、もったいないのか?

友人と過ごすことは、楽しいもので、時間の経過があっという間に感じてしまうものである。しかし、その回数も頻繁になると、惰性でダラダラと無意味な時間をともに過ごすだけの関係性になる可能性は高い。何か面白いことは無いかなと、口癖のように言うだけ…

人を痛めつける、マウンティング人間になってはだめ。

労働が他の人より多少得意ということだけが優越感や自己承認の拠り所な人間が他人のちょっとしたミスや能力不足や怠惰を殊更にあげつらって自尊心がボロボロになるまで嫌味を言い続けてマウンティングする現象かわいいね~ヨチヨチ— ネット弁慶 (@yuiseki) 2…

日常生活をゲーム化して、人生を楽しもう。

自分のブログの検索流入ワードを見ていると「日常生活をゲーム化」というのがあった。去年書いた上記の記事のことだろう。 この時はゲーミフィケーションの話を取り上げた。 ゲーミフィケーションとは? ゲーミフィケーション(英: gamification)は、課題の…

「逃げること」は「人生最大の攻め」だと思う。

逃げること、について世間はどう考えているか? RPGゲームでは、行動の選択肢に、逃げる、が存在する。それは、どの様な事態に選ぶのか。 全滅を免れ、生きて先に進むための意志なのではないだろうか。 今の自分に無理なこと、無理な場面から身を守り、生き…

あまり働かないで、生きましょう。

体力を失い切るほどに働くことは本当によくない。精神が枯渇して、気力がゼロになる。 何かをしようという心づもりは何処へ行ってしまう。 【目次】 なるべく働かない エネルギーが奪われる 代用が効くならば、他人に任せる 心にゆとりをつくる 出費を減らせ…

何も持たずに出かけると、すごく幸せ。

ADHD傾向の人は、物を適切に片付けることが出来ず、カバンの中身がグチャグチャである、みたいなエントリを最近、結構読んだりした。学生時代とか、自分もちょっと外に出かける際もカバンの中にいろいろな荷物を詰め込んでいた。もしかしたら必要になるかも…

話さなくても、楽しめる人生。

どんな検索ワードで自分のことブログ読まれているのかを見ていると気になるワードを発見した。 誰とも話さない 楽しい おお。なんだかすごくいい響きだ。共感出来る。ぼくも誰とも話さずに過ごす時間は楽しいと思う。 【目次】 ひとりの時間を過ごす、楽しさ…

全員から好かれるのは無理なので諦めましょう。

他人から嫌われることを極度に恐れる傾向が、かつての自分にはあった。 周囲の人間の顔色を伺いながらの生活は、精神的にくるものがあり、少々心が病んでいた。相手を立てるために、知っていることでもわざと知らないフリをしたり、出来ることも出来ないフリ…

実践している、冬の寒さ対策。

今週のお題「冬の寒さ対策」 最近、暖かい日も少しずつ増えてきたが、基本的にはまだまだ寒いので自分がしている対策をまとめた。 外出時の装備は? ダウンコート ヒートテック 手袋 ニット帽 マフラー マスク まず、ヒートテックは基本。 冬の下着といえば…

都会にはイライラする人が多い。

それは仕方がない。 その理由を書いていく。 とにかく人が溢れている 移動するだけで疲れ果てる。 休日の新宿、渋谷や原宿なんて歩けば、倒れてしまいそうになる。 待つのが当たり前な空間 何をするにしても長時間待たねばならない。 都内だと、パンケーキを…

脳は複数のことを同時に処理出来ないようだ。

最近、意識のリソース配分がうまくいかない。以前は少しくらいは他のことを考えながらでも、目の前のことに取り組めていたのに、そういった事が出来なくなった。 同時並行に複数の事象をこなすこと 例えばプライベートの問題をどう解決するかについて考えな…

人間は複数の居場所を持つことで、うまく生きていける。

複数の居場所を確保することが、世の中をうまく立ち回っていくためのベストな手法であるようだ。同じ人間関係のみの閉鎖的空間に閉じも凝っていると、イジメや不穏な空気になりやすい。居場所があればあるほどに、一箇所に依存する必要性が低くなり、どれか1…

野尻抱介氏の「ラノベは読むな、消えてなくなれ」発言について。

SF作家の野尻氏がツイッターにて、ラノベばっかり読んでちゃダメだ、との話しをしていた。私は「中学になったらラノベなんか読むな、大人の本を読め。大人の本で本物の教養やセックスや暴力や愛や人生を学べ」と思ってるので、中高生に迎合したラノベなど消…

批判しか出来ない、馬鹿オヤジにならないために。

他人の行動ばかりを批判し、監視するおっさんの傾向。 ネットを利用しない。 本を読まない。 マンガを読まない。 テレビしか観ない。 こういう人種は、結構やばい人間が多い。 することが無いから、他人の言動が一々目につく。暇だから、そんな人間になって…

職場と自宅は離れていたほうが、いい気がしている。

自宅から職場は近いほうがいいのか。 通勤時間は無駄であり、満員電車に揺られ、体力を奪われて通うことは良いことは無い。 という見解が、大半のかたの意見であろうかとは考えるが、自分個人としては職場と家がある程度は離れていたほうがいいのでは、思っ…

日々成長しよう。新しい能力を身に付けるための4つの方法。

毎日、目的を持って生きていないと時間があっという間に過ぎていく。 1日、1か月、1年、5年、10年。 瞬く間に過ぎ去っていく。 その間にどれくらい人は成長出来るのであろうか。 【目次】 高めたい能力について具体的に考える。 単なる暇つぶしに終始しな…

人間の記憶力なんて、たいしたこと無い。

記憶力が弱い。 ぼくはとにかく物覚えが悪い。基本的に頭に入れようという気力がないので覚えられない。 なるべく、覚えなくていい生き方をするより他ない。 受験勉強において暗記することは、ひたすらに筋トレ的手法が必要であり、地道な反復練習に尽きる。…

悪い人間はいない。生き方の方向性が違うだけ。

性善説を信じて生きている。 根っこから悪い人間はいない。 ぼくは性善説をもとに生きている。 そもそも性善説とはなにか? 性善説(せいぜんせつ)とは、人間の本性は基本的に善であるとする倫理学・道徳学説、特に儒教主流派の中心概念。 人間は産まれなが…

ずっと休んでいると働きたくなるとか嘘だという話。

10連休が終わる。 このまま永久に休みが続いて、ふらふらと遊んで過ごせていけたらいいのになと本気で思った。 働きたい欲望なんて湧いてこない 休んでると外に出るエネルギーが溜まる 毎日仕事に出ていると、もう誰にも会いたくないとか、人ごみがキツイか…

自分を救うのは、自分だけという事実。

他人に多くを望むのは間違い 困難な現実から救い出してくれる人が現れる。 つまらないこの日常を壊し、全く違う世界に連れていってくれる救世主が来るのではないか、こう待つだけでは何も変わらない。その事実を受け入れておこう。 待つだけでは何も変わらな…

名前を覚えるのが苦手でもいいんじゃないかなと思っている。

名前に興味がない。 他人の名前に関心がないのは当然のこととして物名とかにも記憶が働かない。 基本的すべてが曖昧というか、不確かな状態のままで気にならないので、正式名称とかが分からなくてもそのままに放置してしまう。 100%の状態でなく70%くらいの…

新しいことに挑戦することで、思考は変わる。

今までにしたこと無いことしたり、行ったことにない場所へ行くことが、思考に変化を与える。— アビさん{読書/自炊/節約/図書館} (@abiabitarou) 2017年1月12日 現実に絶望したり、無駄に苦しみを自分に与えることはよくない。 人生に行き詰まってきたら、と…

スマホを持っててよかったこと。

iPhone(スマートフォン)持っててよかったなと思うこと。 地図で確認しながら外出できるので道に迷わない。 目的地に到着する前に混雑状況を確認出来る。 鉄道の運行状況がすぐに分かるので、迂回ルートを選択出来る。 電子書籍で本が読める。 簡単に文章を…

打たれ弱いことに気付いた。

意外と自分は打たれ弱いことに気付いた。 ちょっとしたミスを引きずってしまい、負の連鎖に落ち込んで残念な結果の日々をここのところ最近おくっていた。 並大抵のことでは動じないし、なんでも平常心にやり過ごせる自信を持っていたのだが、人間はそんな単…

生活は雑にしたり、普通に過ごしてしまうと、時間があっという間に過ぎていく。

外食はとにかく高い。 一回につき千円ほどを支払うのはきつい。外食を繰り返していると、すぐにお金が底を尽きる。やはり基本は自炊に限る。料理をするようになってから、無性に自分で作ったご飯が食べたくなることが増えた。 外で食べるときは何を食べたい…