思考拡張日記。

日々感じたこと、学んだことを文章にしています。

私の考え

【ブログ運営】ブログを書きたければ、大いに遊べ、大いに学べ。

ぼくが子どもの頃にやっていたCMで、椎名誠が出演していたものがある。 そのCMはたしかEDWINだった。 CMの中で、椎名誠さんが子どもたちに投げかけた言葉がある。 「大いに遊べ、大いに学べ」 別にその時は、何も感じなかったし、普通のCMだとしか思ってい…

【書評】人はみな、いつかは死ぬ。死を意識する事で人生の密度が上がる。『不幸な国の幸福論』(加賀乙彦著)

不幸な国の幸福論 (集英社新書 522C) 作者: 加賀乙彦 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2009/12/16 メディア: 新書 購入: 9人 クリック: 92回 この商品を含むブログ (24件) を見る 人はみな、死刑囚として生まれついている。 不確定な未来において一つだけ誰…

体力が無くても別に気にしなくていいよ。『しないことリスト』(大和書房)pha著

■僕は昔から体力が無かった。 僕は昔から何かとすぐに疲れてしまい、スタミナが無かった。 ちょっと歩いただけで疲れてしまうし、遊びに行くのも好きでなかった。 都内とか歩いているだけで、疲れ果ててしまい、すぐにカフェとかに逃げ込みしばらく動けなく…

働く事を楽にする5つの方法を教えるよ。仕事はいかに楽をするかが大切。どんどん怠けよう。

僕はいつも”仕事でいかに楽をするか”しか考えてない。 最低限の努力で、とりあえずの結果を出し、そこそこに生きていけばいいと思っている。 そういう風に、適当に職場で生きている僕が、仕事中に心がけていることをこれから紹介していきたいと思う。 ただ、…

アリが教えてくれた、同棲生活をうまくする方法。『働かないアリに意義がある』(長谷川英祐著)

以前、同棲について僕は記事を書いた。 motemoteninaru.hatenablog.com どんな内容かを軽く説明すると、 同棲生活をうまくするコツはこうだよ、とか、そこから気付いた事とかをまとめた記事だ。 そして、そのなかで、僕は家事の役割分担をする必要はないよ、…

情報は覚えるよりも、どう感じたかを大切にすることが大事。『持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られない (幻冬舎)』(pha著)

現代社会において、情報は様々なところから我々に入り込んでくる。 例えば、街を少しあるくだけで、処理しきれない程の情報に出会う。 いや、外に出なくとも、ちょっとネットを繋ぐだけで、大量に流れこんでくる。 それらの情報を分類し、把握して自分の中に…

無意識の内に他人をコントロールしているかもしれない。『消された一家―北九州・連続監禁殺人事件―』を読んで。

人は知らず知らずのうちに、他人をコントロールしているのではないだろうか。 昨日、『消された一家』を読みながらフトそんな事を考えた。 消された一家―北九州・連続監禁殺人事件― 作者: 豊田正義 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2013/08/16 メディア: Ki…

休日の時の流れに僕は悲しくなる。明日は仕事だよって世間が囁いている。

休日の時の流れはおかしい。 確か、ドラゴンボールを観ていた筈である。 そうだ、ワンピースを観ていたのだ。 あら、サザエさんをやっている。 あ、もう、21時を過ぎている。 おかしい。おかしいぞ。不思議だ。 あっという間に日は沈み、世界は明日の準備…

ぼくは「趣味は読書です」というのが恥ずかしい。

「趣味は読書です」 僕はこう言うのは恥ずかしい。 じゃあ、何て答えてるのかと問われれば、「読書です」といっています。としか返せない。 だって、それ以外に継続してしている事が無いからだ。 ところで、そもそも趣味という言葉の意味するところは何なの…

人と会うって大切だなと改めて思った。

今日はとある勉強会に参加してきた。 久々に週末に都内まで出て、人の多さに少しヘロヘロになったけど、行ってよかった。 そこで初めて会った面白い人たちと話して来たんだけど、いい刺激になった。 いい刺激になったっていっても「僕も頑張ろう」みたない感…

彼女と1年同棲してみて感じたことまとめ。

彼女と同棲を始めて1年以上が経過した。 一緒に暮らしはじめる前は、 「毎日一緒に居て喧嘩にならないのか」 「話すことがなくならないか」 「相手の嫌な部分が見えて別れてしまうのではないか」 など、マイナスなことばかりに注目していた。 まあ、家族以…

インターネット上で流行る文章はどういうものか? 

文章を作ることは結構面倒な作業である。 誰かに見せる訳でなく、自分だけが読むものであれば、別に内容が支離滅裂であれ、どんなに辻褄の合わないものであってもいいのだが、ブログなど他人に発表する文となるとそうもいかない。 一応は、内容の整合性を考…

2015年を振り返る。この一年間で自分はどう変化したか?成長したのか?

2015年。早くも最後の月を迎えた。 本当に早いものである。今年一年何をしたのかなーと思い返してみるも、あまり思い出せなかったりする。本はそこそこ読めたかなとは感じる。 ちょっと今年を振り返り、自分がこの1年を通してどの様に成長したのかを考えてみ…

ブログを書くことで現実逃避を図る。ネットの世界に逃げ込み、僕らは仮想空間に生きる。

僕がブログを最近書いている理由は、現実逃避だ。 なんか現実が辛い時にブログを書くようになる。 無心にキーワードを叩いていると、嫌なことを忘れ、自由になれた気がする。 実際はそんなことはなく、ただ、部屋でパソコンをしているだけなのだが。 だが、…

本棚を整理した。

先日、自分が書いた記事 motemoteninaru.hatenablog.com 内で、物を手放すことから始めるといいと書いたので、実際に本を結構な数処分してみた。 僕の本棚の本は3つに分類する事が出来る。 1.何度も繰り返し読んでいる本。 2.一度読んだが、また読みた…

ブログなんて結局書き続けさえしてればいいんじゃないかな。と気が楽になってきた。

ブログを書くからにはアクセス数を伸ばさなければ。 お洒落なデザインにして、人目を惹かなければ。 クリックしたくなるような魅力的な記事タイトルを付けなければ。 ブログ運営のハウツー本を読んで勉強しなければ。 と、色々とブログを書くに当たり、悩ん…

つい先日キャンプをしてきた。テントで寝てみると、世の中の理がよく分かった。

一昨日から昨日にかけてキャンプをしてきた。 数ヶ月前に、突如、キャンプに目覚めた僕と彼女はテントやシェラフなど一式揃え、キャンプを月に一回出来たらいいなーぐらいに始めた。 そして、今回は二回目のキャンプだった。 3連休だったにも関わらず、山奥…

男も女も所詮肉の塊なんですよ。だから区別なく仲良くやればいいんですよ。

「四度の手術で私が得たこと、それは人間は所詮肉の塊であるという感覚だろうか」 「私のように意志ばかり肥大させて生きてきたような人間には、それはちょうど良い体験だったのかもしれない」 これは、著者自身の乳癌の闘病記の本である『身体のいいなり』…

ブログは1記事、1記事を大切にしなければならないのか?

ブログとは継続が肝心であり、良質な記事を生産していかねばならない。 なので、駄目な記事を書いては、ブログ全体の質が下がり、廃れさせてしまう。 こういった話を以前、どこかのブロガーさんが書いていた。 確かにその通りなのかもしれないが、結構それは…

あなたが今生きている世界を見る目は、心と頭が決める。

自分の人生を、よく思うか、悪く思うかは、自分の心と頭次第であると僕は最近考えている。 以前、読んだ、坂口恭平さんの『TOKYO 0円ハウス 0円生活 (河出文庫)』 TOKYO 0円ハウス 0円生活 (河出文庫) 作者: 坂口恭平 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日:…

愚痴を言ってもキリが無いし、生産性も無い。

僕はあまり愚痴を誰かに言わない。 こんな事があって辛かったとか、こんな理不尽な目にあったなどと誰かに愚痴を言うのは、自分の体験を共有してもらいたいという思いと、話すことによってスッキリするという気持ちよさを得るためであろう。 他人の愚痴話を…

大人と子どもの違いは何?

昨日、久々にテレビを観ていると、とあるクイズ番組で次のような問題が出題されていた。 ■問題 「大人と子どもの違いは何?」 あなたは年下の子に質問されました。なんて答えますか? 有名難関中学校の入試問題だそうだ。 中学受験とはこんな問題が出るんだ…

料理を誰でも出来る時代になった。

料理を出来ないという人がいるが、料理は誰でも出来る時代になったと思う。 僕だって元々全く出来なかったのだが、それはただ単に作っていなかっただけである。 なので、出来ないという人はただ単に料理に挑戦してないだけだ。 僕が料理を始めたキッカケとし…

僕はあまりお金を遣わないで生きている。遣ってないと思っている理由を書いてみた。

休日は、本をひたすら読みふけり、それに飽きたらブログを書いてを繰り返している。 そうやって、1時間、1時間、着実に時間は過ぎていっている。 この作業を午前中から始めたが、気付けば、いつもだいたい昼過ぎになりつつある。 そうして、ようやくそれ以外…

昼ゴハンを誰かと取ろうか悩んでみた時の話。

一人の休日は昼ごはんの準備が面倒である。 冷蔵庫に何かしら食材が揃っていればそれでこしらえるのだが、わざわざ、何も無いと、別に食べなくてもいいかとなる。 同居人がいるときは、どこかに食べに行こうかとなるが。 そんな時、食事だけをさっと出来る知…

日記を書かなくなった。代わりにブログを書くようになった。

僕はここ数年ほど、日記を書くことを習わしとしていた。 コンビニで買ったリング式の小ぶりのノートに、水性ペンでちょろちょろと3,4行書いていた。日記ということで誰かに見せるわけでも無くひっそりと書き記すため、個人的な名前を出したり、誰にも言っ…

仕事と読書。

僕は根本的には働くことが好きでない。 心の底から嫌で仕方が無く、逃げ出したいというわけではないが、楽しいか楽しくないかで分けてしまえば、楽しくは無い。 全てが楽しくないかと問われれば、そのなかでも一瞬楽しいと思う時もある。 うまくいったり、誰…

幸福てなんだろう『水木サンの幸福論』

僕は小さい頃「ゲゲゲの鬼太郎」「河童の三平」の小説版を学校の図書館で借りたり、親に買ってもらったりして読んでいた。 アニメの方も観ていた。 その当時は作者がどんな人など考えてみたこともなく、そもそも別に興味も無く、ただ様々な妖怪が出てくるの…

今のあなたが、残りの人生で一番若い。

誰だって、いつでも、何にでもチャレンジ出来ることを忘れないでください。 「今のあなたが一番若い」のですから。 これは、ライフネット生命保険株式会社の会長である出口治明氏がよく使う言葉だ。 「働き方」の教科書:「無敵の50代」になるための仕事と人…

ブログは好きなように書いて良いのではという話。

どうもブログを書くということはただ単に日記のように自分が思ったことをただ意味もなくツラツラと並べるだけではイカンよという風潮が有る気がする。 それでは何時迄も人気ブログを作ることが出来ないよ? 魅力的なタイトルを付けて、画像を沢山遣って、き…