読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考拡張日記。

読者と料理とネットが趣味です。

大人と子どもの違いは何?

生活 私の考え 日記 エッセイ ライフハック

 

昨日、久々にテレビを観ていると、とあるクイズ番組で次のような問題が出題されていた。

 

 

■問題

「大人と子どもの違いは何?」

あなたは年下の子に質問されました。なんて答えますか?

 

有名難関中学校の入試問題だそうだ。

中学受験とはこんな問題が出るんだなと初めて知った。

 

 

この問題に対して芸能人が様々な回答を出していたが、それに対しての模範解答が僕はあまり納得が出来なかった。

どのような模範解答だったかと言うと、

 

子どもは、自分の好きな事を自由に出来る。

大人は、自分のしたい事を我慢して、他人のことを考える必要がある。

これが、子どもと大人の違いと言っていた。

 

f:id:abitarou:20151111191941j:plain

 

要は

子どもの時は自分の好きな事を自由にできるが、大人はしたい事も出来ず、周囲の人、事を優先して生きていかねばならない。

という意味だ。

 

これでは、全く大人になりたいと思えない。自分のしたいことも出来ずに働いているのが大人なのかーと思われてそれで終わりだ。

いつまでも子どもがいいな。大人なんていいことないんだなと絶望してしまいそうだ。

稼ぐことは大変だ、仕事がツラい、とか家で親の愚痴を聞いてる子どもは結構いると思うが(自分の家庭はそうだった。)それに輪をかけて、中学入試までそんな事を言ってしまうともう、大人に対する憧れなんてものが無くなってしまう。

 

大人は自由が無く我慢して生きているのか?

確かに社会に出て働くようになると、自分の好きに出来る時間というものは限られてきて、ある程度生活が縛られてくる。

だけれども、働くことによって学ぶ事も多くあるしお金も得られるので、子どもの時よりも自由が増える気がする。

まず、働くことで学べるものとしては、人との付き合い方であったり、年が離れている人との会話の仕方、自分の精神の保ち方、時間の使い方、仕事で覚えるスキルなど様々なものがある。

それらによって自分の視野や思考が広がってきて、色々と物事を子どもの時よりも複雑に考える事が出来るようになる。頭脳が鍛えられてくるという訳だ。

また、子どもの時であれば、お金は親に与えられて使っていたが、自分で稼いだお金となると自分の好きなことに遣える。(結婚していたり、なにかしらの理由で自由に遣えない人は別として。)

 

そうやって例を挙げていったらキリが無いくらいに、大人だって自由があると思う。

なのに、なんだか大人はどうも不自由だみたいな印象を与えるのはよくない。

 

本当の意味で自由を得るためには、まずは知識が必要だ。

知識が無ければ、自分の狭い範囲でしか動けない。遊べない。

楽しく自由に生きるには知恵、知識が必要不可欠だ。

 

それを考えると大人の方が有利だ。経験の差というものがある。長く生きている分、色んなことを知っているし挑戦もしている。

 

ただ、新鮮味というか物事に感動する部分で考えると子どもには勝てない。

子どもは何でも大抵のことは初めての経験であるから楽しめる。

大人は何度も繰り返している場合が多く、別に何の感情も産まれなかったりする。

その点に関しては子どもの方が自由かもしれない。