読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考拡張日記。

読者と料理とネットが趣味です。

100円を持っているなら、古本を買おう。

 

手元に100円があったならば、たった一枚100円玉がポケットに入っているならば、古本を買おう。

 

なにかの文章からの引用ではありません。ただ、今僕が頭に浮かんだフレーズなだけです。

 

いつも僕は100円を財布から取り出し遣う度に、

「ああ、これ一枚で、古本屋の100円均一棚で買えるんだよな」と思ってしまう。

 

会社帰りに、アンパンでも買おうかと財布に手を掛けても、

「いや、この100円で古本を買おう。よし、そうしよう」

と、空腹を満たすことよりも、知識欲?を満たすことを再優先としている。

 

そして、毎度、近所の古本屋へと出向き、数冊ごそっと買い抱えて帰るのだ。

その際に選ぶ本は、あまり厳選しない。どうせ100円だからだ。

明らかにこれ図書館で見かけた事が何度もあるなという本でさえ、その時には買ってしまう。

わざわざ借りなくてもいいかと思うような本でも、実際に買ってみて自分の物として所有してみると、急に読みたくなったりする。

自分の物となった瞬間に、愛おしくなってしまっているのだろうか。

だが、恋愛においては、相手を落とすまでが楽しく、自分の手の内に落ちてきた途端、興味を無くすという魔性のような人たちがいる。

僕は恋愛においてそういった経験が無いのでよく分からないが、本においては、買って自分の所有物になった途端に大切に扱いたくなる。大事に読もうと思えてくる。

 

僕は、以前は、本は線を引きまくるわ、折り目をつけまくるわ、風呂で読んでシナシナにするわ、と好きに読んでいた。

だが、最近は、そういった事はせず、それなりに綺麗に扱っている。

本が愛おしい存在になった結果であろうか。

 

さて、本の話となると色々飛躍して、話題がそれがちであるが、僕が今回の記事を通して伝えたかったことは、100円を持っているなら、おやつを買わずに、古本を買おうという話である。