読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考拡張日記。

読者と料理とネットが趣味です。

なんだかよく分からないが、ブログを書くモチベーションが下がっている。

ブログ エッセイ 日記 文章

 

何のお陰であるかよく分からないが、ブログのアクセスがここ数日増えている。

いつもの2倍以上はある。

 

あまりアクセス数に拘ったりせず、淡々と更新してきていたのだが、いざ、増えている数を見ると、やっぱり嬉しいというか、なんか更新しようかなという気になる。

 

だが、どうも逆にアクセス数を気にして、何を書けばいいのかよく分からなくなってきた。本当は日常のどうでもいい話とか書きたいし、何かネットニュースを引用してきてそれに対する自分の意見を述べたりもしたいし、書評でもいいし、本のフレーズを一つ引っ張ってきて、いやー、本当にこれはいい本ですよと紹介したりもしたい。

しかし、この冬の寒さのせいであろうか。どうも気が乗らないのだ。

よく分からないが、ブログを書く時間に対する後ろめたさみたいなものがある。

高校時代、試験前日に勉強をせず、勉強が一区切りしたから漫画でも読もうかなと、漫画を開いた時のような後ろめたさがあるのだ。

この喩えすらも、あまり気が乗らずに書いている為、うまく表現出来ない。

 

おかしい。何かがおかしい。周囲を気にせず、自分の好きな様にブログを書くことを決めていたはずなのに、何かを意識している。

僕はとにかくブログを、文章を死ぬほど書きたいと思っているのに、どうも言葉が出てこない。頭に言葉が浮かんでこないし、書きたい事が無いのだ。

 

しかし、嫌という程ブログを書きたいと思っている。

誰かに自分を伝えたいし、知ってもらいたいと思っている。

 

ブログは人生の履歴書代わりだ。

自分がどの様な人物であるか誰かに紹介するのなら、ブログが一番と聞いた。

これは有名ブロガーかん吉さんが言っていた言葉だ。

先日買った『人気ブログの作り方』に書いてあった。

これは、とても良い本なのでオススメしたい。

読んでると元気が出るというか、ブログはとにかく毎日更新しておけば全てオッケー!みたいな話をぶった切ってくれたりしてて、やっぱりそうだよなー、うんうん、と納得させられた。

 

さて、久々に900字ほど、ここまでに書いている。

あら、何だか書いていると、書けるようになってきた。

しかし、まだ、何かしら書きたい事は無い。

だが、別に書きたいことが無くてもいいんじゃないだろうか。

作家の村上春樹氏が、デビュー作を書いた時、「何も書きたいことがなかった」と述べていた。その書きたいことが無いことを書いたと。

よく意味は分からないが、なんだか分かったような気もする。

おお、1000字を超えた。

これは、何なのだ。

本当に何をいいたくて書いたかよく分からない記事となった。

 

だが、ブログを愛してるので許してください。