読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考拡張日記。

日々感じたこと、学んだことを文章にしています。

2015年を振り返る。この一年間で自分はどう変化したか?成長したのか?

2015年。早くも最後の月を迎えた。

本当に早いものである。今年一年何をしたのかなーと思い返してみるも、あまり思い出せなかったりする。本はそこそこ読めたかなとは感じる。

 

ちょっと今年を振り返り、自分がこの1年を通してどの様に成長したのかを考えてみたいと思う。

 

■2015年で自分はどう変化したのか?

 

1.自己啓発本から卒業出来た。

今年の初め辺りまで割りと自己啓発本を好んでいた。

だが、もうゼロというかほぼ読まなくなった。

この類の本は結局書いてあることはどれも似たものであるし、変な思い込みが産まれて少々痛い奴になったりもする。

結構前に読んだとある読書術系の本に自己啓発本は『人を動かす』『思考は現実化する』『7つの習慣』。この三冊だけでいいよ。どうせ、その他はそれらからヒントを得て書かれた本ばかりだからという話が出ていた。

 

 

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

 

 

人を動かす 新装版

人を動かす 新装版

 

 

思考は現実化する―アクション・マニュアル、索引つき

思考は現実化する―アクション・マニュアル、索引つき

 

 実際その通りである。これらが全てといってもいい。

あとは、それに何か別の物と関連付けて書いているだけだったり、自分の考えを交えて書いているだけである。

自己啓発本ばかり集めても時間とお金の無駄なので、一定量読んでしまえば買わないほうがいい。

とりあえず、この三冊だけ抑えておけばもう合格だ。(何の合格だ)

 

2.こだわりが無くなった。

○○でなければいけない。

○○の方がいい。

とかそういった、こだわりが一切無くなった。

よく言えば臨機応変、悪く言えば主体性が無いと言ったところであろうか。

 

一時期何度も繰り返し読んでいた成毛眞氏の

『このムダな努力をやめなさい』 

 この中に、自分はこだわりを持たないのがこだわりという話が出てくる。

上司に何でもいいと言うな、こだわりを持てと説教を食らったところ、

「私はこだわりを持たないのがこだわりだ!!」と反論したそうだ。

 

その時は、天邪鬼なだけかと思っていたが、実際に自分もそうなってきた。

そして、そうなってくると凄く精神的に楽というか、ストレスが無くなる。

自分が、こうでなければいけないと強い思い込みやこだわりを持っていると、うまくその通りにいかなかった時に、凄く落胆するし、やる気を失ってしまう。

しかし、どうでもいいや、位の軽い気持ちで生きていると、予想通りの結果が得られなくても何ともないというか、平然としていられる。

 

この感覚は今年の一番の収穫であったかもしれない。なかなかこの境地にまで辿り着ける人は少ないと思うので、自分を褒めたい。

 

3.物欲が限りなくゼロに近くなった。

この世に欲しいものが無くなった。

生きていくうえで必要な食事、住む場所、必要最低限の衣服はさすがに買うが。

物を買うという行為に魅力を感じなくなり、ショッピングで一切楽しめなくなってしまった。

以前は、彼女と街ナカで洋服店を巡る、ショッピングデートなんてしていたが、今はそれが出来なくなった。何を見ても、どうでもいいというか欲しいと思わない。

アウター、インナー、ズボン等を一通り、揃えてしまったので、もうそれで満足してしまった。何着も同じ種類の服を買ったところで、どうせお気に入りのやつしか着ないし、収納スペースにも限りがあるので、邪魔にしかならない。お金も減るし。

 

最近は、本さえもあまり買わなくなった。

直感てビビッときて欲しくなったやつなどは、後先考えず買うが、あまり気が進まないままに買うという事はしなくなった。あと、図書館を活用する回数が増えた。

どうせ、自分はすぐに読み終わるし、少しでもつまらないなと感じたら読むのを辞めてしまったりするので、図書館で借りてくる方がムダが無くていい。

ただ、借りに行く手間と返しに行く手間を考えると、めんどくさくなり、Amazonなどで買ってしまったりはする。

 

4.家事が好きになった。

家事ってどうしても家でする仕事みたいなイメージをずっと持っていたのだけれども、

ここ最近趣味の一つとして捉えるようになってきた。

 

まず、料理。スーパーで食材を買い込む時点から楽しい。何を買おうかと、沢山の商品の中から選んで、頭の中で献立を考えて、と、楽しい。

また、繰り返し料理をしていると、包丁さばきもそれなりに上達してくるし、フライパンの扱いもうまくなる。味付けも、加減が分かってきて、自分が料理上手なような気がしてくる。

簡単な料理しかしてないのだが、自分で作ったものは美味しいし、外食より安く済むので嬉しい。

 

掃除も楽しい。部屋が綺麗になって、快適に過ごせる環境を作っていく過程が楽しい。

物が少なくてシンプルなカフェみたいな部屋にしたいと思っている。

 

5.キャンプをしたり、ゲストハウスに宿泊したりした。

以前からテント張ってキャンプしたいなと思っていたのだが、どうも初期投資が必要で、ハードルが高く躊躇していた。

しかし、いざ一式購入してみて、やってみると凄く楽しくてハマってしまった。

何度でも行きたいと思っている。

寒いこの時期であれば、人も少なく、虫もいないので更に快適に過ごせる。

今月も時間が在れば行きたいな。

 

ゲストハウスも楽しかった。1泊3000円という破格だし、泊まっている人同士で仲良く慣れて、色んな話が出来て、刺激が多く、面白かった。

世の中には色んな考えの人がいるのだなー、と世間の広さを感じた。

もっと色んな場所のゲストハウスを巡って、面白い人たちと出会いたいなと思った。

 

 

■この一年間で僕は大きく変化した。

 

色々と今年を思い返してみると、随分と成長出来たかなと感じた。

 

1個、1個書くと、きっと何記事にもなるし、書き終わりが見えないくらいになりそうである。

たった1年でも色々と自己内部を変化出来たお陰は、大体は本のお陰かなと思っている。

本を来る日も来る日も、飽き足らずに読んでいたので、色んな面白い着想が頭の中に浮かんできたりして、色々と行動を起こせたのだと思う。

ここには書いてないけど、職場で勉強法の講座みたいなことをやったりもした。

あと、読書会に参加したりとかもした。

 

人ってのは何かキッカケがあれば幾らでも変わるし、面白い人生を歩めるようになる。

人は変わらないとか言ってる可哀想な大人だけにはならない方がいい。

 

とにかく人生を変えて見たければ、膨大な量の本を読めばいい。

そこから少しずつ人生が変化していくから。