読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考拡張日記。

読者と料理とネットが趣味です。

働く事を楽にする5つの方法を教えるよ。仕事はいかに楽をするかが大切。どんどん怠けよう。

 

僕はいつも”仕事でいかに楽をするか”しか考えてない。

 

 

f:id:abitarou:20141216185246j:plain

 

最低限の努力で、とりあえずの結果を出し、そこそこに生きていけばいいと思っている。

そういう風に、適当に職場で生きている僕が、仕事中に心がけていることをこれから紹介していきたいと思う。

ただ、上昇志向であったり、出世願望が強い人は、これから僕が考えていることを読んでも、共感しないだろう。

あくまでこういう駄目な奴もいるんだ位に捉えて欲しい。

 

 

 

楽をするための5つのポイント。

 

1.提出書類はすぐに出す。

いきなり真面目じゃないかと思われるだろう。

だけど、これは楽をするのに一番大切なことだ。

僕は、すぐに出せるものであれば、その場で書いて出すし、ちょっと時間の掛かりそうなものでも、その日の内にというか30分以内に出してしまう。

なぜ、すぐに出すことを心がけているかと言うと、渡された瞬間が一番モチベーションが高いからだ。モチベーションが高いというのは、やってやるぞ、という意味でなく、やらなきゃという気持ちが強いという意味。

それを上手く利用して、時間を空けずに出すようにしているのだ。

提出期限まで時間あるし、後でいいやとか思っていると、どんどんやる気が失せてくる。また、その期間中に、他の書類を渡されて、どんどん溜まっていく恐れもある。

そうなると、一層、面倒になってくる。なので、楽をするためには直ぐに動くのが一番なのだ。あと、早めに出す人に対しては、受け取り手側も、評価が甘かったりする。

ちょっとしたミスがあったりしても、ここ違うよと、軽めに注意をしてきて、すいませんでした、で済む。

だが、時間をたっぷり掛けた癖にミスばっかりしてると、今まで何やってたんだよとどうしてもキツくなってしまう。

そういった意味でも、早く提出するに限る

 

2.既にある資料はフル活用する。

先輩が作った資料などは、全て活用するに限る

すでに有るものを、わざわざ自分で一から作ったりする人がいるが、ハッキリ言ってそれは時間の無駄だ。

どうせ、同じような物しか出来ないし、そんな事に時間を割いている暇があれば、その資料を理解する事に努めたり、先輩の資料にちょっと書き加えたりして使う方が賢いと思う。

この一から作る人の心理としては、学生時代にノートを綺麗に作ることと同じなのだろう。

授業ノートを丁寧に作り上げることで、勉強をした気になって満足するが、実際は何も覚えていませんでした。という事を経験した人はいるだろう。かくいう自分も高校時代などはそうであった。

だが賢い人間はその綺麗に作られたノートをテスト前にコピーさせてもらって資料の一部として使う。それで良い点を取ってしまったりする。

まさに最低限の努力で結果を出すいい例だ

 

3.下手に出てコビを売る必要は無い。

先輩社員と仲良くなる方法として、自虐的になったり、変にペコペコしてしまう人がいる。それも一つの手法である事はあるのだが、それをやり過ぎると面倒なことになったりしてしまう。

面倒な付き合いに無理矢理に参加させられたり、仕事を変に押し付けられたりしてしまうこともある。

いい先輩になら、そんな事はされないだろうが、威張るのが大好きな人にだと、いいように扱われてしまうのだ。

そういう面倒な自体に陥ると、職場に行くもの嫌になったりする。

なので、自虐的になったりすることだけはやめておいた方がよい

 

4.仕事が終わったら、すぐに帰る。

仕事が終わった後も、職場に残りダラダラしたい人なら別に、それでもいいけど、帰ってしたい事が結構ある人なら、すぐに帰るキャラを早い段階で確立しておくと良い

もう仕事も無いのに残って居ても時間の無駄だし、人生を大事に扱っていない気がする

一度いつも帰るのが早いと思われてしまえば、帰るのを変に止められる事も無くなるし、余計な仕事を押し付けられたりしなくなる。

 

5.基本的には無口でいい。

仕事のことを話す時はある程度、じょう舌になる必要があると思うが、それ以外の雑談に近いものであれば、ちょっと笑って、相づちを打つ程度でいい

人間関係をこじらせる原因は、余計な事を喋ることから始まる

黙っていれば、不必要な、相手を不快にさせるような発言を避ける事ができるのだ。

多く喋る人は、どうしても、その相手に嫌な思いをさせてしまう確立が上がだろう。

そう、確立の問題なのだ。元々の喋る母数が少なければ、失言も必然的に減る。

あと人は基本的に誰かに話しを聞いてもらう事が大好きなので聞いてあげとけばいい。

 

 

おしまい。

今回まとめたことは、新入社員向けであるが、中堅の社員でも使えるポイントだとは思う。