読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考拡張日記。

読者と料理とネットが趣味です。

ぼくは海が怖くてたまらない。恐怖症の話。

日記 文章 エッセイ

僕は昔から海が怖い。
とにかく海の画像を見るとウワーッと叫びそうになる。いや現に、腹の中では悲鳴を挙げている。

これは何なのだろうか。前世で何かあったのか?非科学的なものは一切信じない僕であるが、異様に海に苦手意識を持っている。

もちろんのごとく、海の生物も苦手だ。
水族館にいる魚レベルの生物なら別に平気であるが、クジラとかが怖い。ディズニー映画のクジラのシーンとか失神しそうである。
ディズニーランドパーク内のピノキオのアトラクションも無理だ。クジラの作り物が終盤で出てくるのだが、目を開けていたことが無い。発狂しそうになる。

僕を倒すのなら、ひたすらに海の画像を見せ続けることで充分だ。

だけど、たまに怖いもの見たさで、2ちゃんの海の画像スレとか開いてしまう。
深海のバカデカイ生物の画像とか出てくると、やっぱり叫びそうになる。
イラストでも無理だ。いやむしろイラストの方が非現実であるため、ありえないようなサイズの奇怪な生き物が描かれているから怖い。

今思い出したのだが、テレビゲームでも海のステージは無理だった。
マリオレベルでもキツかった。
とくに任天堂64のスーパーマリオの海のステージ。3Dな為に、リアリティがあり、おびえた。
僕は、海のステージのために、ゲームクリアを断念した。
それまでは、順調に進んでいたのに。


ちなみに恐竜も怖い。デカイからだ。
とくに海の恐竜。
こんな奴らがうじゃうじゃしている時代に生まれなくて良かったと心の底から思った。
人間はその時はまだいないけど。


海が怖い人はきっと僕いがいにもいるはずだ。
是非、どれだけ海のものが苦手かについて語りあいたい。