読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考拡張日記。

読者と料理とネットが趣味です。

【書評】兄弟の仲を悪くする原因は親にある。『きょうだいコンプレッ』(幻冬社)岡田尊司著

本の話 日記

先日、岡田尊司さんの『きょうだいコンプレックス』を読んだ。


きょうだいコンプレックス (幻冬舎新書)

きょうだいコンプレックス (幻冬舎新書)


内容としては、タイトル通りなんだけど、
いかにして、兄弟間にあつれきが生まれてしまうかの話。


なぜ、兄弟の中がこじれてしまうかといえば、基本的に親が原因であるそうだ。

どちらか一方をひいきしてしまうがために、愛情が平等で無いと感じる。
それがゆえに、愛情を受けてないほうが、愛情を受けている方を憎しみはじめる。
親は、子どもを差別することなく、同じように愛することが大切だ。

それが、兄弟の仲をよくする唯一の方法である。


ぼくには弟がいる。
一時、弟との仲がこじれていた時期があった。
その頃の事とか思い出してみると、やはり親からの愛情に不平等を感じていたような気がする。

育てる側としては、平等にしているつもりであるだろうから、なかなか、気づかないもんなんだろうな。


岡田尊司さんの他の作品。

人間アレルギー なぜ「あの人」を嫌いになるのか

人間アレルギー なぜ「あの人」を嫌いになるのか

インターネット・ゲーム依存症 ネトゲからスマホまで (文春新書)

インターネット・ゲーム依存症 ネトゲからスマホまで (文春新書)