読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考拡張日記。

読者と料理とネットが趣味です。

1カ月以上、毎日ブログを更新して気付いた5つのこと。

ブログ 日記 文章

12/9以降、ブログを、毎日書いてきた。
別にこれは、自分の義務であるというように、強制を伴った作業としたわけではない。

ただ、書くことへのモチベーションがある程度、保てていたため、書いた。

ここでとりあえず、毎日ブログを書いて思ったことをまとめたい。



何かしらネタは出てくる。

ネタが無いから書かないでなく、とりあえず書いていると、どうにか何か記事はつくれる。
また、一つ記事を作ると、そこから派生して書きたいことが出来てきてりする。
頭に浮かんだものを言葉に具現化することは、習慣が必要である。何でもいいので、書いておくことが大切た。


すぐには上達しない。

文章を作ることはむずかしい。
読みやすく、テンポの良いものを作り出すには、それなりの訓練が必要だ。なかなか上達しなくても、諦めず、とにかく書き続けるしかない。


アクセス数を伸ばすコツばかりに、囚われていると疲れてくる。


ブログのアクセスを伸ばすには、こういう方法が有効であるとか、そういうハウツーを学ぶことは大事だが、それに終始してしまうと、疲れる。自分のペースというか、自分のやり方をある程度持っておくことは、大切だ。
ただ、アフィリエイトでガンガン稼ぎたいという人は、アクセスを集める記事の作り方を真剣に学ばねばならない。


生活の一部になる。

あ、今日はまだブログ書いてない。書いてから寝なきゃ。と、まるで、就寝まえに歯を磨くのとのように生活の一部になる。
そうなると、書く作業が非常に楽になる。


いい暇つぶしになる。

疲れて、何もしたくない。考えたくない。というときに、ブログを書くことは、すごくいい。
暇つぶしに最適だし、頭もスッキリする。
何となく、頭にモヤモヤとしてた考えを改めて、言葉にするので、自分がいま、何を考えていたのかがよく分かる。


おしまい。

これからも、毎日書いていきたい。

別に毎日書いたらどうなるってわけでもないが、せっかくなので、今年の小さな目標にしたい。