読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考拡張日記。

読者と料理とネットが趣味です。

ブログが365記事を超えた。超えて気付いたこと。

気付けば365記事を超えていた。
1年間毎日更新した数を超えたのだ。
素晴らしい。素晴らしいではないか!
ついにやり遂げたのだ。

365記事を超えたら、自信がついた。

なんだ、自分はやれば出来る奴じゃーないか!と自信が持てた。
なんでも長続きしない、飽き性の男だった。
だが、1年間分も記事を書けたのなら、これはもう3日坊主では無い。
立派な趣味と呼べよう。いや、ブログを書くのが仕事です位の勢いでいきたい。


書くのが楽になった。

365記事を超えて感じたことは、何を書いてもええんやね、てこと。
質の悪い記事を書けば、ブログ全体の質が下がるとか、読者が離れてしまうとか聞いたけど、そんなことを気にしていると、何も書けなくなる。そんなことより、とりあえず書いて、量を増やすことだけ考えればいいと感じた。


毎日更新しているブログを見るのが好き。

たまにしか更新しないブログより、毎日更新しているブログのほうが好き。
いい暇つぶしになるし、そのブログの存在を忘れにくい。
たまにしか更新がないと、見に行くのが面倒になる。また、やっと更新している!と思って見ても、記事の内容がイマイチだと、これだけ待たせてこんな事かよ!となんかムカつく。
自分勝手な話だが。


おしまい。

記事数が増えれば増えるほど、頑張ったなーと、自己満におちいれる。ブログは自己満でもいいのだ。楽しければそれでいい。
楽しくないことは、続かないからね。