読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考拡張日記。

読者と料理とネットが趣味です。

ブログ話。何を書こうかと考える時が楽しい。

ブログ 日記 悪態

今回は何についてブログを書こうかと考えている時が楽しい。

ふと、頭に浮かんだキーワード、何か日常の中で気になったセリフ、単語。それらを元にブログを書くことが多い。

何処そこへ行った、何をした、ってことをレポ的に記事を書いてあるのが、読み手としては1番楽しいのであろうけれども、どうも僕はそれを書く気になれない。

○○は最高だぞ!とか、○○へ行ってみた!みなも行くべき!みたいな、記事は作れない。なんかどうも性に合わない。
いや、書き手が合わないかどうかでなく、読み手が求めているものを書く必要があるのは知っているのですがね。
例えば、これが仕事なら、仕方ないですね、では書きますよ、となるけど、趣味なので無理なのです。

また、旅行や外食の最中ってのは、まずスマホを取り出してパシャパシャ写真を撮る気になれない。デジタル一眼レフも持ってるがそれでも撮る気になれない。何の為のカメラや。

旅の記憶などは頭に残っているものであるし、それを漠然と思い出したり、共に行った仲間と話すことが楽しいのであって、写真ってのはどうも好きじゃない。
写真撮ることに夢中になる暇があれば、目の前のことに夢中なれやオイって思ってしまうんですよね。

また、よーし!これを撮ってブログにアップするぞ!みたいになってるのってキショイなーと思ってしまうのですよ。なんか痛いんですよね。

ということで、常にブログに書くものは、頭の中に何となく浮かんだことや残ってることになる。

よって曖昧な話ばかりだったり、抽象論は終始してしまう。具体的な話を求めている人々からすれば、非常につまらないことは分かっている。

だけれども、あくまで思考の拡張をテーマに掲げたブログであるので、これでいいと思っている。