読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考拡張日記。

読者と料理とネットが趣味です。

ブログに書きたいことが無い。だが、ブログが無いと寂しい。

ブログ 日記 生活

ここ最近、ブログに書きたいことがない。

ネタを作ろうと思えば作れるには作れるのだが、別に書くに至る必要は無いなと思ってしまう。どうも、ブログ自体に新鮮味が薄れてきたようだ。飽きが来たということなのだろうか。だが、文章を書いて発表する場が無くなってしまうのは困る。文章を書くことほど、ちょうど良い暇つぶしは他に無いし、誰かに話を聞いてもらいたい欲求はあるので、ブログ自体を辞めようとは思わない。

僕は年々、口数が減っていっている。
わざわざ口を開いて誰かと交流しようという気力が無くなっているからだ。
そんなことでは生きていけないよ、人生なにが楽しいのだよという感じもあるが、話すより書くことのほうが楽かつ、たのしい。

なんか気を配ったりして無理に話題を作ったり、盛り上げたりという気持ちがサラサラ無い。話したければ話すし、話したくなければ話さない。本当にそれだけのことになっている。

話したい話題を持っている相手となら幾らでも会話をするが、とくに魅力を感じない相手、平凡で特に面白味の無い相手となれば、貝の如く口を閉めてしまう。申し訳ないが。

なかなか魅力的な思考を持ち合わせた人っての周囲にいない。
その点、ネットを通じてだと、結構そういう人が多い。最近の若者は身近な者を差し置いてネット上の相手とばかり交流を深めている、薄っぺらい人間関係に生きて可哀想だという意見があるが、仕方ないことだと思える。
ネットを介せば、いくらでも自分が話してみたい魅力的な相手を見つけられるからだ。
どのような人間であるかは、メールなどのみでは尺測れない、文章ならば幾らでも人格を偽れるというが果たしたそうなのだろうか。
文章にこそその人が現れると僕は考えている。その人が作り出す文章はその人の生き写しだ。

そういう意味を含めて、僕はブログを続けたいという想いもそこにある。
相手がどの様な人間であるか、何を常日頃かんがえながら生活しているか。
そういった内面を的確に表しているのがブログである。

僕は今、ブログに特に書きたいことが無いと言ったが、書きたいことが無いという気持ちをテーマに書いてみれば、こんなにも想いが出てきた。不思議なもんだ。