思考拡張日記。

日々感じたこと、学んだことを文章にしています。

美しすぎる女流作家、7人を紹介します。

作家といえば顔を出さない職業。表に出るのは基本的には文字だけ。

顔を出さないのがもったいないくらいに美しい作家をまとめてみた。

 

 

1.本谷 有希子(もとや ゆきこ)さん

f:id:abitarou:20160428210834j:plain

f:id:abitarou:20181204103023p:image

日本の劇作家、小説家。演出家、女優、声優なども兼ねる。石川県出身。「劇団、本谷有希子」主宰。

ショートヘアが似合う美女です。

 

2014年、小説『自分を好きになる方法』で第27回三島由紀夫賞受賞。

 

■代表作

異類婚姻譚

幸せ最高ありがとうマジで!

 

2.川上未映子(かわかみみえこ)さん

f:id:abitarou:20160428211126j:plain

f:id:abitarou:20181204103252j:image

f:id:abitarou:20181204103347j:image

1976年8月29日 産まれ、日本の小説家、詩人、ミュージシャン、女優。音楽活動時は未映子(みえこ)名義も使用する。血液型はB型。

独特な雰囲気をお持ちのかたですね。

アーティストっぽさがあります。

 

2008年1月16日、『乳と卵』で第138回芥川龍之介賞受賞。

旦那は、作家の阿部 和重さんです。

 

■代表作

きみは赤ちゃん

乳と卵(らん) (文春文庫)

すべて真夜中の恋人たち (講談社文庫)

 

3.綿矢りさ(わたやりさ)さん

f:id:abitarou:20160428211504j:plain

f:id:abitarou:20181204103725j:image

f:id:abitarou:20181204103943j:image

 

正統派美少女という感じがあります。

ロングヘアーが素敵ですね。

 

1984年2月1日産まれ。

■代表作

蹴りたい背中 (河出文庫)

インストール (河出文庫)

 

4.金原ひとみ(かねはらひとみ)さん

f:id:abitarou:20160428211752j:plain

f:id:abitarou:20181204104108j:image

f:id:abitarou:20181204104130j:image

1983年8月8日産まれ。

 

ギャルっぽさが強いですが、美人だとおもいます。作家らしからぬ容姿から、デビー当時はかなり話題になりましたね。

 

■代表作

蛇にピアス (集英社文庫)

 

5.朝吹真理子(あさぶきまりこ)

f:id:abitarou:20160428212051j:plain

f:id:abitarou:20181204104318j:image

1984年12月19日産まれ。

■代表作

きことわ

 

6.中村安希(なかむらあき)

f:id:abitarou:20160428212402j:plain

f:id:abitarou:20181204104434j:image

 

ヘアースタイルのせいで男っぽさがありますが、美人だと思います。切れ長な目が素敵です。

 

 

■代表作

インパラの朝―ユーラシア・アフリカ大陸684日 (集英社文庫)

 

7.田邊優貴子(たなべゆきこ)

f:id:abitarou:20160428212723j:plain

f:id:abitarou:20181204104608j:image

f:id:abitarou:20181204104615p:image

日本生態学者博士(理学)国立極地研究所助教。専門は、植物生理生態学、陸水学、生態系生態学。南極・北極など世界の極地で生きる植物と湖沼を対象に生態学的な研究をしている。 1978年12月産まれ。

かなり美人です。

極地の研究をされ、本も出版されている生物学者さんです。

北極に行くと聞くと、肌が浅黒く焼けたたくましい方を想像してしまいがちですが、色白で笑顔が素敵なかたですね。

 

■代表作

すてきな地球の果て (一般書)