読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考拡張日記。

読者と料理とネットが趣味です。

ブログに目的は要らない。

ぼくはブログで伝えたいことが特に無い。

 

伝えたいことが特段ないのにどうやってブログを書いているのだろうかと、時々疑問に思う。

 

目的意識がハッキリしている人たちは、毎度テーマを掲げ、自分の指針に沿った内容をバシバシと書き残していく。かっこいいですね。

 

だが、何も無いぼくは、とりとめのない言葉をチョロチョロ書いている。

 

正直あまり伝わらなくてもいいや位に思っている。

なので、記事タイトルも分かり辛いし、画像も挿入していない。不親切極まり無い。

 

昔から、目標を決めたり、行動予定を立てたりと、先を見越しての行動が苦手である。というか、どう考えたらいいのか分からない。想像力の欠如というやつであろう。本を読めば頭が賢くなると思っていたが、そうでも無かったようだ。

 

行動計画を的確組み立てることが出来る人は凄い。尊敬する。

やろうとしてないだけだ、と言われそうだが、本当にどう頭を働かせたらいいのか分からないのだ。今を生きるので精一杯。

 

精一杯なおかげで、あまり過去のことを思い出せないし、後悔したりがほとんど無い。

あの時、ああしておけば、なんて考えることは時間の無駄だし、今をどう生きるか考えるので頭がいっぱいだ。

 

なので、ぼくはブログを書いている時も、今書き進めているところしか考えていない。

 

結末も決めていなしい、そもそも何について書くかも結構漠然としている。

 

ブログの指南書を読んだりすると、読者を想定しろとか、テーマを絞れとか、読者が何か学び得るものがあるポイントをまとめろとか、とにかくウルサイ。

そんなものは、個人の勝手だし、好きに書けばいいじゃないか!

 

 

現に、ぼくは伝えたいことが無いおかげで、こだわりを持たず、思ったままのことを書けているのだから。