読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考拡張日記。

日々感じたこと、学んだことを文章にしています。

ブログは読んで貰えて当たり前と思うな。

読者が増えない。アクセス数が伸びない。

こんなことでは、ブログを書いている意味が無いのではないか、一人黙々とネット上に駄文を書き残し、それが何になるのであろうか。実に、虚しく、寂しい。

 

ブログが趣味ですなどと、公言することなど、おこがましくて出来ない。

 

誰にも見てもらえないブログに何の価値があるのだろうか。

 

そのようなことを考えている内に、ブログを書くことが嫌になってくる。

更新しようが、しまいが、何にも変わらない。

いようが、いまいが、存在していないのと同じだ。

 

と、そのように酷くマイナスな感情を胸に、ブログを書くことをやめてしまう。

 

なんと、プライドの高いことであろう。

 

特別な何者でもなく、平々凡々な一般人の書く文章を有難がって読む奇特が人がどれほどいるというのであろうか。

何かしらの抜きんでている力を持った者でもない限り、読んでもらえるはずがない。

 

一人にでも読んでもらえれば、御の字のはずじゃないのか。

 

私が書いた文章であるからには、面白いに決まっておるし、絶対に最後まで目を通して貰えるなどと思っているのか。そんなわけがあるまい。

 

ネット上に無数に散らばる文字列の中で、選んで見てもらえることが、どれほど幸運なことであるかを分かっていない。

 

というわけで、見てもらえようとも、見てもらえなくとも、心を落ち着け、常に一定のリズムを保ち書いていくことが、ブログを継続する上では大切だ。