読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考拡張日記。

日々感じたこと、学んだことを文章にしています。

本は暇つぶし。

 本を読んでいれば、自ずとブログを書くのが上手くなるしネタにも困らない。

こう考えていたが当たっているようで結構外れている部分も多い。

 

本を幾ら読んでも、そのあとにあまり役立ってない。

読んでいる時は、「うわ、すごい話だ」とか「知らなかった。ためになった」なんて思ったりしてるけど、読み終えた時にはほとんど記憶に残っていない。

 

記憶に残すために読書ノートを作ったり、本にフセンを貼ったり、線を引いたりという作業をしたらいいのだろうが、面倒だし、そこまでしないと記憶に残らないということは、大した内容じゃなかったんじゃないかと思ったりする。

 

知識として残らなくても、その読んでいる瞬間にワクワク出来さえすれば、本の役割は充分に果たせているような気がする。

 

 

私はこの本からこういうことを学びました。

そして、それをどのようにして役立てていきたいです、みたいなことを言うのは、どうも必要以上に本を神格化している感じがある。

 

もっと暇つぶし位の感覚でいいんじゃないかな。

読まないより読む方が、ちょっと人生楽しいくらいで。