読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考拡張日記。

読者と料理とネットが趣味です。

生きるためのメモ。基礎編:10項目。

大事メモ。

 

■所有物を減らして移動を楽にする。

これウザいなとか目障りと思った瞬間にその物を切り捨てよ。損得勘定は挟むな。

もったいないと思い続けることで物に縛られ続ける。厄介。

引っ越しやらもとても楽になる。

だいたいはゴミでしかない。

 

 

■人間関係。

なるべく人と会わない。会うと余計な予定がつく。金も時間も奪われる。休日は自分のために使う。人に使われるな。

 

 

■心の声を聞け。

周囲の評価とか声とか意見とか関係ない。

自分が本当にしたい道を選べ。まどわされるな。気づけないレベルで周囲からのコントロール支配はやってくる。

 

 

■金は大事に使え。

金は雑に使えば使うほどに一瞬にして消えていく。

例えばギャンブルだったり買い物だったりすぐに金を奪うシステムが世の中にはびこっている。一旦落ち着け。

大切に使えばそんなに無くなることはない。

 

 

■謝れ。

なんかミスをしたり悪いことをしたらとりあえず謝れ。保身に走るな。

言い訳は見苦しいし信用を失うぞ。

仕事でもプライベートでもだ。

 

 

■したいことは全部やれ。

中途半端はよくないと言われるだろうが、したくなったことは全部しろ。

何が自分の心に一番しっくりくるかは分からないぞ。写真撮るの始めたり、ギター始めたり、小説を書き始めたり、何かしらスポーツ始めたり、何でもいいからしろ。

すぐにやめてもいい。それは自分に合わないことだったんだって見切りをつけることになる。

損切りみたいなものだ。

ダラダラ惰性でやることほど無駄はないぞ。

俺は本を読むのが好きだ。金にならないが読みまくってたぞ!

 

 

■自炊しろ。

自炊はじめたら人生の選択肢が広がるぞ。

まず無理に外出をすることがなくなる。

たいして食べたいものがないけど、料理出来ないから今日も牛丼屋へとか悲しい!

家で作れば安くて栄養のあるものが食べれるぞ。出来合いの弁当とか惣菜を買うでもいいけど、一から作るほうが楽しいし、生きる力が身につくぞ。料理くらい出来るようになれ!

 

■文章を書くクセをつけろ。

文章を書くことを趣味しておくと何かと楽しいぞ!紙とペンがあれば無限に楽しめるし、そもそもスマートフォンを一台持っていれば何万文字でも書けるぞ!そんなに書けるなら充分に作家になる素質があるだろうが。

書くことはなかなか上達が難しいし、そもそも近道が一切ないから何を基準に自分の文章レベルを評価したらいいかが曖昧。だが、ネットでとりあえず書いてみて少しでも読んでくれる人がいるならば、一応は読める文章ということになる。

何か書いたならネットに載せてみろ!

作家の森博嗣はネットに短文を載せる行為を繰り返していたらいつまでも小説を書き上げることは無理だろう。すぐにレスポンスをもらうクセがつくのと、自分の中の伝えたいことのエネルギーを小出しにしてしまうと述べていた。知るかジジイ!書くことで思考が整理されるし、伝えたい気持ちが高まることだってあるだろうが!

 

■食べすぎるな。

夜寝る前とかに食べすぎるな。

空腹で朝目が覚める習慣をつけてから心地いいぞ。なるべくなら夕方六時以降は何も口にするな。逆断食だ。日没後の食事は控えよ。

断食期間は日没後に暴飲暴食をするから太るそうだ!それで何が断食だ!

 

■ひとりの時間を大切にしろ。

ひとりで遊べるやつはかっこいいぞ!

群れないと何も出来ないやつは恥ずかしいぞ!

何かひとりで楽しめる趣味を見つけるべきだ!