読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考拡張日記。

読者と料理とネットが趣味です。

思い出補正について。

思い出補正という言葉がある。

 

どのようなものかといえば、過去のことを振り返った時にどんなに退屈だったり嫌な思いをしたことでも楽しかったとか、良かったと言い続ければ、本当に楽しかったかのように思えてくることだ。

 

確かに楽しめた瞬間もあっただろうが、相対的にみればマイナス面のほうが強かったことでも、いい思い出で埋めることが出来る。

 

これについて、なんかズルいなというか懲りない奴だな俺はみたいな感覚を抱えていた。

楽しかったからまた行こうってなれば、行ってみると嫌な部分にも出くわす羽目になる確率は高い。だけど、またしても楽しかったとか言ってしまうのだろう。なんと学習能力が乏しいことだろう。

たけれども、辛かったとか嫌だったとか負のパートばかり意識しているよりは全然いいと思う。

嫌なことばかり振り返っていてもストレスになるし、新たに行動を起こす気力が失われてくる。

なので良い面ばかり見るのは平和ボケなようで、精神衛生上とてもいいことだ。

 

どんどん思い出は美化していくべきだ。

 

今この瞬間まで生きてこれているのだから、死という最悪の状況に出くわしていない自分は幸せだ。何がかつて起きたとしても。