読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考拡張日記。

読者と料理とネットが趣味です。

あなたがモテないのは環境のせいですよ。

モテない人はいない。

モテない人は戦うフィールドを間違えているだけとのこと。

適材適所というわけだ。

オバサンだってセックスしたい (ベスト新書)

オバサンだってセックスしたい (ベスト新書)


先日読んだこの本にその話が出てきた。

以下引用

モテる人は適切な場所に行っている。
もてない人は、居心地悪い場所に迷い込んでいる。全ては場所。場所さえ選べば、この世にもてない人なんていません。逆に言えば全ての場所でモテる人もいない。

なるほど。モテる人は自分の属性をうまく見つけ出せているということか。
誠実そうな大人しい男性が頑張って海やクラブでナンパしたところでギャルを捕まえたりできない。しかし、街コンやお見合いパーティに出向けばモテる可能性はある。

太った女性がスレンダーな女性ばかりを好む集まりに参加したところでもてない。
しかし、太った女性を愛する集まりに行けばモテる。

とにかく場所選びが明暗を分かつ。
自分が行きたいところより、自分が求められるところを目指すのが楽しい旅となる。

世の中を楽に生きるには、この場所選びが大切だ。
モテるモテないといった恋愛事情に限らず、仕事についてや他の私生活についても同様のことが言える。

合わない場所で無理して働いても体や精神を壊してしまう恐れがあるし、合わない人たちと交流し続けることは精神的負荷が大きい。

全ての場所でうまくいくことは無いと割り切ってしまい、自分に合う場所へさっさと逃げ込むことが重要。その事実にいかに早く気が付けるかによりその人の人間力が問われる。


とにかくモテたいならば、自分の資質を見極めて需要のありそうなフィールドへ行け!!