読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考拡張日記。

読者と料理とネットが趣味です。

お金が無くても、人生は楽しめる。

生活


世のなか、けっこう無料で済ますことが出来る。

節約情報はネット上に無限にあるので探せば、自分が知りたい分野について学べるだろう。

自分はあまり恩恵を受けれてはいないのだけれど、日頃ありがたいなと思いながら過ごしていることについて、書いていきたい。


本は図書館やブックカフェで読む

以前は書籍は買う派と決め込んでいたので、全て買うようにしていた。
1ヶ月の間に3、4万円分は買っていたと思う。
「借りて読む本は血肉には、ならず自分の所有物にすることが、読書には必要だ」みたいな文章を何度か読んだことがあったので、健気に実践していた。
本棚から本が溢れかえり、床まで侵食し始めた。

「文豪的な部屋になってきて最高に気待ちがいい。俺って賢そう」
なんて初期の頃は喜んでいた。
だけれども次第に書籍購入代金が生活を圧迫しはじめた。

ダメだ、もう図書館とブックカフェに頼ろう。そう決めてからは、月に買う本の数は2、3へと減った。


借りて読んでも吸収量は変わらない

借りて読むと、返却期日が決まっているので、早く読み終えねばと、急かされて読書がはかどった。
また、買うまでには至らない本とか、買うにしては高過ぎるハードカバーの本も読めて、読書の幅が広がり、買っていた頃よりも読書にのめり込めていった。


カフェは集中できる

ブックカフェにおいても、同様のことがいえる。
あと2時間位しか滞在出来ないから、気になるタイトルは片っ端から持ってきて、読み尽くそう。と、焦ることで読書が進んだ。
また、自宅で読むよりも、集中もできた。
家だと、途中で飽きて寝転んだり、違うことを始めてしまう。しかし、カフェだと本を読むか、スマホを少し触るか位しかやることが無いので、やはり読書がはかどる。

お金を遣わなくても、べつに吸収量に変化はないなと感じた。

無料WiFiを活用してネットをする

以前より、街なかのネット環境が格段に良くなっている気がする。
何処にいても、たいてい回線を拾うことができる。
飲食店に入ってみて、WiFiサービスをやっているのか分からない場合は店員さんにきくといい。
お店の案内とかに書いてなくても、パスワードを教えてもらえる場合がけっこうある。
従業員用なのか、何なのか分からないが、利用させて貰えるものは利用したほうがいい。

水光熱費を抑えられる

すごくセコイ話になってくるのだけれども、図書館やカフェ、公共施設などで過ごすことで水光熱費を省ける。
電源を提供して、自由に充電可能なところもあり本当に便利。
無料でお茶や水を提供している場所は沢山あるし、暖房設備なども完備されてあるので、快適に過ごすことが出来る。
トイレも利用可能だし、困ることは何一つない。
家なんて本当に寝るスペースさえあれば全然生きていけるんだな、ということを思い知らされる。

友だちや恋人だって無料で見つかる

友だちや恋人を作るのには、お金を掛けた趣味や、参加費が高いイベントで交流しなければならない、みたいな先入観を持っている人たちがいる。
だけれどもネットを上手く使えば、それも無料で可能だ。
ネット上には様々なSNSサービスがあるので、そこから自分の興味ある分野について調べることで、交流会情報が見つかったり、オフ会の募集が見つかったりする。
参加費が数千円掛かる場合もあるが、自分の飲食代金だけでいいものとか、リーズナブルなやつも結構ある。
そういうのに参加して、友だちや恋人を作っていこう。

お金が無いと人生楽しめない、みたいな思い込みは捨てよう


上のは、このあいだ見つけたツイート。

生活と貯蓄、趣味、娯楽に費やすお金って、以外と少ない金額で確保出来る。




無料で人生を楽しむ方法、インフラは整ってきているので、そういうのを上手く活用しながら生活していこう。