読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考拡張日記。

読者と料理とネットが趣味です。

物で溢れかえった部屋に、良いことはない。

生活 日記

乱雑な部屋の中にいると、注意力が散漫になり、一体どこへ自分の意識を向ければよいのかが定かではなくなる。

頭が次第に混乱してきて、うまく目の前の事象を処理出来なくなる。


【目次】

人間は多くの物を処理しきれない

以前は、自分は不注意気味な性格だとか、物を失くしやすい、などと考えていたのが、それは自分の努力や意識の問題でなく、環境が原因であるのではと思うようになった。


世の中では断捨離や捨てる力といった類のものが流行っていて、単なるミーハー的な感じがしていたが、自分が実際に断捨離の必要性を体感してみることで、肌レベルで理解が出来た。

持ち過ぎた物に、利点はない

自分の脳で管理し切れない物理量を抱え込むことは、百害あって一利なしである。

いつか使うかもしれない、とか、買った時は高かった、などと言い続け、ただしまい込んでいるだけでは、部屋にデットスペースを増やしているだけのことにしかならない。

不要物をネットで売る

ネットオークションを利用し、物を売ることでお金を得られるので、お勧めはする。すぐさま売れるとは限らないが。
数ヶ月後に売れることもあり、また、ひどく安い値で落札されてしまうこともある。

だが、捨てるとなればゼロ円であり、また、リサイクルショップ等に持ち込んだところでタダ同然の値しか付けられないのであれば、仲介手数料の発生しない直接の取引のほうが、互いに気持ちが良いものであろう。

また、物を譲り合うサービスなんてのも存在する。オークションでは売れないが、まだまだ使える品であるし、捨てるには忍びないという場合は、ジモティー 無料の広告掲示板などのサイトを利用するといい。

乱雑な部屋は精神を犯す

物で溢れかえった部屋は精神衛生上、良ろしくない。
そもそも掃除もし辛くて、ホコリ溜まるし、換気も行き届かずに湿っぽくなる。
日々使う物なんて限られているし、衣類も決まった組み合わせや、お気に入りの服しか着用しないものなので、どんどん処分していこう。

部屋は寝る場所と割り切る

片付け途中で、自分の理想の形まで到達出来ていない場合は、日中は何処か別の所で過ごすようにするとよい。
カフェやファーストフード店、図書館やスーパーの休憩スペースやフードコートなど、低料金で、居場所を確保出来るところはたくさんあるので利用しよう。
特に周囲に知り合いがいなくても、外にいるだけで色んな人間を見られるし、その話し声や騒音が、自分に変化をもたらしてくれる。
人間は同じ環境であり続けることが苦手な生物なので、どんどん場所を変えていくと、心が安定する気がする。

最終的には、自分の部屋を帰って来ても落ち着ける場所にすることに励むことは大切だ。