読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考拡張日記。

日々感じたこと、学んだことを文章にしています。

「ありがとうございます」は、役に立つ。

他人から褒められた時の対応を、皆はどうしているのだろうか。

自分は、あまり素直になれず、「いえいえ、そんなことはないです。本当にダメなんです」みたいな感じに全力で否定するスタイルを昔はとっていた。

「ありがとうございます。嬉しいです」みたいに肯定的に受け止めて、感謝することを苦手としていた。

【目次】

素直に「ありがとうございます」と、言えなかった

なぜ、不得手だったかといえば、相手のその言葉がもしかすると、お世辞の可能性だってあるし、本心である可能性は低い。
また、すぐに喜ぶということは、余程自分に自信があるんだなと思われてしまうようで、素直になれなかった。

だけれども他人の好意というのは、変に否定なんかせずに喜んでしまえば良い。
何事も考え過ぎるのはダメだ。
喜ぶほうが、言った側としても嬉しくなる。互いに気持ちの良い関係性になるほうがいいに決まっている。

怒られた場合も「ありがとうございます」と言おう

逆に怒られた場合の話もついでにしよう。

叱られた際には、申し訳ございませんの謝罪も当然だけれども、それに加えて、「ありがとうございます」のセリフもあるとよい。
教えて貰わなければ気付けなかった、とか、自分の為を思って言ってくれて申し訳ない、みたいな感謝の念を表しておけば、すごく人生が楽になる。
自分は、この考え方というか、生き方ですごく楽になれた。
必要以上に関係性が悪化することがなくなったし、逆上してしまうことなんて全くない。

逆ギレは百害あって一利なし

逆上は、「なんでそこまで言われなきゃいけないんだ」みたいな気持ちが積み重なって起きてしまう。何を言われてもヘラヘラしている奴、みたいに思われてしまうことは良くないのだろうけれども、逆ギレしたところで良いことは無い。
基本的に、叱られる時は相手が目上である場合が多いし、ドラマの様に啖呵を切ったところで、現実は事態が悪化するだけだ。

素直に感謝しよう

まとめるならば、褒められた時には素直にありがとうございますと言い、叱られた時には、ごめんなさい、教えて頂いてありがとうございます、と言えばいい。

なんかどちらにせよ、感謝ばかりしていて、日本語ラップのようだ。