読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考拡張日記。

日々感じたこと、学んだことを文章にしています。

30歳になっても、高校の夢をいまだに見る。

今だに高校時代の悪夢を見る。

ヤバい、全然勉強していない。
落第点を取ってしまう、進級出来ない!

みたいな、定期試験前の強いドキドキ感に胸を焼かれる夢と共に目覚める。

そうか、夢か。本当によかった。と心の中で呟きながら、大人である今に感謝する。


妖怪じゃないけど、「試験もなんにも無い」という状況は有難い。

様々な苦労はあったりしたが、人生を振り返っても、高校の頃の定期試験勉強が1番辛かった。

浪人した時や、就活時や、再就職時よりにも、プレッシャーが個人的にはキツかった。

もう30のおっさんになってきたというのに、10年以上前の記憶に夢の中で怯えていて、何なのだろうかなと感じる。