思考拡張日記。

日々感じたこと、学んだことを文章にしています。

【感想】『夫のちんぽが入らない』(著者 こだま 出版 扶桑社)を読んだ。

『夫のちんぽが入らない』を読んだ。

学校教師として働く若い夫婦の物語。
大学生時代から2人は付き合い始め、そのまま結婚に至る。だがその間に1度もまともに性行をすることが出来ない。
何度も挑戦を試みるも血みどろになってしまい激痛を伴う。行為に至るどころではなくなってしまう。
タイトル通りの話である。

妻はネットで知り合った不特定多数の男性たちと身体を重ねる流れに中盤でなる。
その男たちとは普通に最後まで問題なく行為をすることが出来る。
夫は風俗を頻繁に利用する。夫側もまた、妻以外の相手ならば問題なく行為を行えることを知る。

特に病院にその入らないことについて相談するわけでもなく、直接的な解決策を求めることもなくどんどんと時間が過ぎていく。
たまに思い付きの打開策を試してみるが、どれもその場のみのものであり、何かに繋がる訳ではない。

物語は性行のみが問題というわけではなく、学級崩壊により妻の精神がズタボロになったり、夫もパニック障害になったりと
メンタル的にもおかしくなっていく。

また、歳を重ねるにつれて、子どもがいないことへの周囲からの圧力みたいなものを感じるようになっていく。
結婚をしているのに子どもがいないという状況は、世間からはおかしなものとして捉えらるということがよく分かる。


『夫のちんぽが入らない』は強烈なタイトルである。サブカル層に媚を売っているかの様な印象を受けたため、読むことを避けていた。

だが、実写化や漫画化が決定したということを知り、再度注目されるようになると、ますます読む気を無くしてしまいそうで、その前に読むことにした。

文章は上手いなと感じた。
どのシーンも自然と頭に映像が浮かんでくる様な描かれ方がされてある。
また、回りくどい物語の進め方をせず、割合テンポ良く展開されていくので、手軽に読み終えてしまう。

エッセイということで、著者のこだまさんの実体験なのだろう。

現代的な葛藤を幾つも散りばめられてあるので、何処かが自分の生活の悩みと重なる部分が出てくるのではないだろうか。

親との関係性、結婚や出産に関する世間からの目、職場での人間関係、パートナーとの関係性。

人それぞれ、他人には言えない様な悩みを抱えていて、それをずっと背負いこんだまま生きている。
誰かに解決してもらう訳にもいかず、自分でいつか何かの形で消化していくしかない。

読んでみると心が救われたり、逆に悩みが深くなってしまったりと、様々な反応が生まれる本なのではないかなと思う。

夫のちんぽが入らない

夫のちんぽが入らない