読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考拡張日記。

読者と料理とネットが趣味です。

コミュ障の僕が、会社に4年ほど勤めて感じたこと。

生活 仕事

「自分のしたいことを仕事にしなければ」とか「適性はどうなのだろうか」といったことで、就職活動中の学生は悩み続ける。

自分自身、就活中にずいぶんと苦労した。苦労したというのは、それまでの人生において、自分がどんな仕事をしたいと考えたことが無かったという面においてだ。
全く想像したことが無かったし、そもそも普通に企業に就職したいとか思ったことが無かった。


【目次】

働くことが怖かった

特別なことを出来るとか思っていたわけではないが、なにも考えずにボーッと生きてきた自分なんかに務まる仕事があると思えなかった。

他人とコミュニケーションを取ることが本当に苦手だったし、責任を負うということが無理だった。バイトとかでも、少し難しい作業は誰かにやってもらっていたし、分からない時は適当にヘラヘラしていたら手助けが来た。
また、1番楽なポジションに回してもらったりして生きながらえてきたので、働くことが恐ろしかったのだ。

楽なポジションづくりのコツ

楽なポジションに回してもらうには、とにかくダメな奴を演じておくことがコツである。
まず、極度の緊張状態にあることを周囲に伝わるくらいの顔、声、表情を作る。問題にならない位のヘマや勘違いミスを繰り返したりしていると、だんだんと簡単な業務を与えてもらえるようになる。

ただ、一歩間違うと「なんだこいついい加減にしろよ」と思わせてしまう可能性もある。
それを避けるポイントとしては、低姿勢を続けることである。素直に謝り、決して逆ギレするような横柄な態度をしてはならない。また、腐ることなく、なんか一応は一生懸命に真面目にやっている感を出すことが求められる。
そうしていると、責められることなく、「なんだか許して貰えるキャラクター」を確立できる。

社会人になってからは、なかなかそのポジションを作ることは難しい。やはりそれなりに責任がついて回るので、ミスを繰り返したりすると居場所がなくなる。

嫌われない人間になることが大切

低姿勢で素直に謝って、あとは他人の話に耳を傾ける習性を身につけておくと、嫌われることはない。働くうえで嫌われないというのは、とても大事なことだ。

謝ったり、お礼を言うことをやっていれば、どうにか生きていける。

自分は謝罪が遅れたことで、結構命取りな感じになった時期もあって、死にそうだったけど、いまはどうにか回復してきた。

仕事はなんでもいいからやってみる

何年か働いてみて思ったこととしては、仕事は何でもいいんじゃないかなということ。

どうしても〇〇の仕事じゃなければ、働きたくない!と強い意志を持って、職業選択をすることもいいが、ある程度の柔軟性を兼ね備えたほうが楽である。
就きたい職に就けなかった時に、メンタルをやられてしまう可能性もあるし、今後の人生をどう生きていけばいいんだと、人生の目的すら見失ってしまうこともある。

生きていく上で必要最小限の費用が手に入ればいいや、くらいに考えて仕事を選んだほうがいい。

また、したいことが何もないって場合は、とにかくハード過ぎず、自分でも務まりそうな業務内容や業界を無難に選択するようにしたらよい。

自分探し的な、自己分析にはまって、適した仕事は何だろうかと考え続けるよりも、とりあえず働いてみることで、なんだか先に進める。

富と名声と権力が欲しい!とかそんな強い欲望でもない限りは、無難な人生を送りながら、自分の好きなこと、したいことを、個人的にやっていくスタイルが1番幸せなのではないだろうか。

TRYWIMAXを申し込んでみた。

インターネット

引っ越しを機に、ポケットWi-Fi導入を検討してみることにした。

これまでは固定回線を引いていたのだが、またすぐに引っ越しをしなければならない可能性があるので、固定は解約した。

ポケットWi-Fiは回線が遅いとか不安定とかの噂を耳にしたことがあったので、利用するかどうか悩んでいたのだが、実際に使用している人たちの話とかをTwitterや掲示板できいてみた結果、わりとアリな感じだった。

機器が届いた


Try WiMAXレンタル|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+


trywimaxってのを一昨日頼んで、今日届いだ。

UQコミュニケーションズが提供している、15日間、ポケットWi-Fi機器を無料で利用出来るサービスである。

15日間といっても返却して、向こう届いて完了なので、実質は10日間くらいだろうか。
期日を過ぎると罰金として2万ほど徴収される。少し過ぎても、もう返却しましたと電話で伝えておけば、大めに見てもらえるようだ。まあ、なんだか心配なので、期日に届くように返すつもりだけど。

Wi-Fiが無いと、なにも出来ない

今はWi-Fiが当たり前のインフラとなってしまい、無いと動画も見れないし、のんびりネットに入り浸ることが出来ない。
速度制限を恐れながらネットを利用するのは嫌だ。

出かけ先のカフェとか、マックや図書館で野良Wi-Fiを拾って繋げばよくはあるが、やはり自宅の布団に潜り込んでネットをするのが1番楽しい。

trywimaxを使ってみて、いい感じだったらそのまま申し込もうかな。

無駄遣いからの、卒業。

生活

今週のお題「卒業」

無駄遣いからの卒業。

大学生時の自分は、貯金は常にゼロ円だった。バイド代が振り込まれて、数万円の金額が表示されればすぐに、全額引き下ろしていた。クレジットカードを持っていなかったので、お金は全て財布に入れていた。今思えば、一気に全部引き出す必要はなかったのではとは思っている。


とにかく物を買い続けた


洋服、漫画本、CD、飲み会費用、デート費用に全てを出し切っていた。

下北沢の安い古着屋で、大量にTシャツとか買っていた。

フィギュアとか沢山飾り、物に溢れた部屋で過ごしていた。


お金を遣わないでいると、不安になるような感じに近かった。1日に何か1つ買わなければ気が済まないような状態にあった。
買うものが特にない時は、ゲームセンターに行って何千円分もUFOキャッチャーをしたり、メダルゲームに注ぎ込んでいた。


お金ばかりを遣うことに疲れた


だが、次第にそんな生活に疲れてきた。

疲れてきたというより、貯金が常にゼロ円という暮らしぶりでは不味いのではと考えるようになった。

まともに貯金が初めて出来たのは就職してからだ。
それまでに一度たりとも10万を超える金額が銀行口座に入ったことがなかったので、とても嬉しかった。いつもよりゼロが一桁多い!と喜んだ。

なんだか、せっかくお金が増えたわけだしこのまま増やしていきたいみたいな思いが出てきた。また、物を買う行為にも嫌気がさしきていた。

買っても買っても終わりがない

何か1つ物を買うと、それに付随して別の物を買いたくなってくる。

1枚Tシャツを買っただけなのに、これに合うカーディガンが欲しいとか、ズボンも欲しいとか、リュックもとか、どんどん次から次へと欲しい物が数珠繋ぎに出てくる。

流行も追っかけたりしていると、キリがない。もうこれはダサいから着られないとか言い続け、次々と着なくなった洋服が部屋に山積みになった。


無駄遣いを卒業したら、心が穏やかになった

今はあの頃の自分が嘘のようなほどに物欲が削がれ切ってしまった。

特に欲しい物が本当になにもない。

たまに本が欲しくなる程度で、あとは食べ物ぐらいだろうか。


お金を遣うことと、様々な物を所有することで自己表現を行なっていたかつての生活はひどく疲れた。
お金を多く遣わなくても楽しめる生活に気が付けて今は幸せだ。

性格の裏表をうまく作れない。

生活


性格の裏表を作ることが出来ない。

好きなモノや人に対しては好きという表現をあからさまにするし、嫌いなモノや人に対しては割と露骨に出てしまう。

露骨にといっても、さすがに横柄な態度で接するとかではないが、話そうとしないとか、挨拶だけしてその場からすぐに立ち去るとか、相手の雑談をうまくかわす、とかである。

態度を180度変えられる人はすごい

さっきまで悪く言っていた人に対し、いざその人が現れると真逆のリアクションで接することができる人は結構いる。
今までしていた話はまるで嘘だったのではないだろうか、という位の変貌ぶりに驚かされる。そういうことが上手く出来る人が世渡り上手と呼ばれるのだろう。


嫌いな人と接せない

なんかこの人は無理だな。。と一度感じてしまうと、とことん無理になる。
少しは良いところもあるとか、自分の思い過ごしじゃないだろうかとか、色々考えてみたりは一応するのだが、人の好き嫌いなんて直感的な、感覚に頼ったものなので、思考で抑えつけるのはどうも難しい。

無理に関わっても疲れるだけ

愛想よくして、無理に積極的に関わりに行くとかする必要はない。
最低限のマナー。挨拶するとか、ありがとうとか、ごめん、位のことを言えれば、あとはもういいんじゃないだろか。

上手く裏表を操れる人ならば、関わり続けてもいいかもしれないが、そんな努力をしてまで関わらなくてもいい。

感覚の合う人たちと過ごせば楽しい

仕事上で必要だったり、家族だからとか、親戚だからとか、友達だからとか、等の理由により、嫌でも関わりを持ち続けねばならない状況ってのも多々あるだろう。

だがそんな時に、感覚の合う人たちが少しでも周囲にいれば、随分と精神が楽になる。
それはすぐに会える距離の人でなくてもいいし、むしろ会ったことがまだない人でもいい。ネット上に、1人か2人、そんな相手がいるだけでも、結構ちがう。


もうとりあえず、うまく生きることは諦めてきた。

考える生活を送る。

生活 日記


何かをしても、しなくても、平等に時は流れていく。


会社勤めをしていると労働と余暇の線引きがはっきりとしている。
仕事に行く日以外は、何をしていてもよく個人の自由であり、それを会社に制約されるものではない。

その自由をどう扱うかによって、自分の将来というか、生きる方向は随分と変化していく。


【目次】

生活がルーチンワーク化されていく

ご飯を食べて、寝て、何処かに出掛けて、買い物をしてといった、日常。
その日常に自分から手を加えなければ、ルーチンワーク化されていく。
新しいことを始めたり、行ったことのない所へ出掛けたり、新しい知り合いを作る、みたいなことは能動的、活動的で無ければ出来ない。
相手から来るのを待っていたり、誰かに連れて行ってもらえるのを待っていたりするだけでは、その日が訪れる可能性は低い。

考える生活を手にする

決まり切った日常から脱するためには、自分でやってみる、ということが大切だ。

例えば、親と暮らしていて、掃除、洗濯、料理、といった自宅のことを全てやってもらっているとしよう。
また、働いて得たお金は全て自分のお小遣いにしてしまうとしよう。
それでは、自分の人生を生きているとは言い切れない。
他人に全てを管理してもらい、任せっきりの状態では、頭を遣うことがない。


お金で解決しない生活に慣れよう

世の中の面倒ごと、煩わしいと感じる作業は全て、お金を払えば、誰かが肩代わりしてくれる。
お金を出せば出すほど、自分でやってみる必要がなく、代わりの人間が働く。

お金を遣うことは頭を働かせる必要がなく、とても楽だ。

支払いをなるべく減らして、自分でやるとなると、頭を遣わなければならない。クリエイティブにならなければいけない。


何もしなくてもいいけれど

人は過去からの積み重ねで能力が磨かれていくし、また育った環境で大きく影響を受けて育っていく。大きく目標とか立てずに、流されるままに生活し漠然とした人生でもいい。
だけれども、周囲にいいようにされたり、誰かに操られたような生き方をしたくなければ自分で考えて行動しなければならない。

夜更かししても、パフォーマンスは悪い。

生活

以前は夜が好きだなと思っていたけど、夜に出来ることってたかがしれている。
というか、かなり生産性は低く、やってもやらなくてもいいような、時間を潰すだけの作業をやり続けることのほうが多い。

疲れが溜まっている

朝から活動しているから疲れも溜まっていて、思考力も低下している。
そんなパフォーマンスの悪い状態で、何かをしようとすることが無理である。

さっさと翌朝に向けて睡眠を確保するほうがいい。夜遅くまで起きていても、電気代がもったいないだけである。いつまでも部屋の電気をつけて夜更かしをすることは、文明の力を使い、自然の摂理に反した行動を取っているような気持ちになる。

少しでも1日を長く感じたい

その日が終わってしまうのがもったいなくて、少しでも長く1日を感じていたい、という思いから夜更かしをするのだろう。だが、朝を捨てる方がもったいないと思う。


終電過ぎまで飲み明かして、始発電車で帰っている人たちとかを見ると特にそう感じる。これでこの人は次の日を丸一日無駄に潰してしまうんだろうなとか。

睡眠は必要


睡眠は肉体的疲労を回復させ、又、思考の整理も行う。寝ているあいだに、脳内では余計な情報を捨て、必要な記憶の定着を図る。

睡眠を必要としない生物はいないわけで、自分の生命を支えるためには、必ず眠らなければならない。

スマホでばかり文字を読んでいる。

インターネット 生活

最近、スマホで延々と活字を追う作業をしている。

気になるブログを見付けたら延々とエントリを遡って読み続けたり、ツイッターのタイムラインも眺め続けたりという感じに。

本を読むことも好きだけど、電子書籍に抵抗感が薄くなってから、ネット上の文章もそこそこ読めるようになってきた。

本は紙じゃないとダメ、というこだわりが消えた

以前は、紙媒体じゃないと文章は読みたくないとか強いこだわりを持っていたのだが、どうでもよくなってきている。
本を買うのも、電子版を選択することが増えてきた。

本を持つことよりもスマホで完結させられるのが良い。まず、所有物を極力増やしたくないので物質として存在しない形式がとても有難い。紙で買ったとしても、大抵はすぐに売ってしまう。ヤフオク!かamazonかブックオフかで処分する。

読み終えたら売ってしまう

余程気に入った本以外はすぐに手放してしまう。本を読むのは、買った直後くらいなもんなので、ずっと保管しておいても本棚の肥やしにしかならない。最近は気に入った本でも処分することが増えてきたけど。

ただ横になりスマホをするだけ

なんだかダメ人間な気がしてしまうが、ずっと横になってスマホを触って過ごすのがとても好きだ。冒頭に書いたようにブログやツイッターを見続けたり、はてなブックマークの人気記事を読んだり、ノンフィクション書評サイトHONZのレビューばかり見ている。なのでとりあえずWiFi環境が無いと死ぬ。WiFiさえあれば、何処に住んでもいいかなと思っている。


もっと若い頃は、どうやったらカッコよく自分を撮れるか、とかの自撮り練習とかしょうもないことに時間を費やしていた頃もあった。バカだな。