読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考拡張日記。

日々感じたこと、学んだことを文章にしています。

好奇心を持てば、生きる力が産まれてくる。


人生を楽しいと思えるかどうかは、お金の多寡とは関係のない部分で作用していると感じる。

沢山稼いでいれば必ず幸福という訳でもなく、貧しい生活を送っていると不幸であるというわけでもない。
幾ら収入が減ろうとも、生活の工夫次第で生き延びることは出来る。

では、人生を楽しいと思えなくなる基準はどこにあるのであろうか。

好奇心を失うと、不幸になる

僕が思うには、「面白いと思う力」「驚く力」を失った時に不幸になる。


表情が乏しくなり、何かを知りたいとか、経験してみたいとかの欲求が減っていく。
一言でいえば、生きる力が不足している状態だ。
これが不幸を招く。

楽しく生きるためには、好奇心が不可欠である。
心を貧しくしてはいけない。


心が貧しくなってきた人は、『全国版 あの日のエロ本自販機探訪記』を読んで、巡ってみたりしてください。