読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考拡張日記。

読者と料理とネットが趣味です。

飽きっぽい人のほうが人生楽しめるよ。嫌なことはすぐにやめよう。

エッセイ ライフハック 日記

僕は、何かに熱をあげてもすぐに飽きてしまう。

今まで色々挑戦しようとしてみたり、何かにハマったりしたが、すぐにそのマイブームは去った。

これまでに自分がハマったものを挙げたい。
とりあえず今回は大学の時にハマったものに絞りたい。



今までに来た、マイブーム。

順不同です。

1.ももいろクローバーZ。

AMARANTHUS【初回限定盤(CD Blu-ray)】

AMARANTHUS【初回限定盤(CD Blu-ray)】

アイドルで唯一ハマった。

二週間だけ。

誰が好きっていうより曲が好きだった。
だけど、急に飽きた。



2.AKB48のゆきりん。柏木由紀。

みんなに、あんな鼻ニンニクのどこがいいのかと言われたが、僕はかわいいと思っていた。
ゆきりんは多分1年半位はハマった。
ハマったと言っても、まとめ画像サイトをたまに眺めてた位だけど。


3.映画作り。

大学3年の頃に映画を作りたいと唐突に思い立ち、映画サークルを作った。7人位しか集まらなかったが。
ワンカットだけ撮って一瞬で飽きた。
会費でペイできるからと説得し、高いカメラを買った友人には申し訳なかった。


4.あずきちゃん。

あずきちゃん DVD-BOX(復刻版-初回限定生産版-)

あずきちゃん DVD-BOX(復刻版-初回限定生産版-)


テレビアニメのあずきちゃん。
これにハマった。100話以上あるんだけど、全部見た。
原作はあの秋元康さんという豪華な作品。
小学生の恋愛の話なんだけど、意外に奥深い。
ぼくはこのアニメで恋愛の仕方というか気持ちを学んだといっても過言ではない。
これは一時的でなく、今でもたまに観てるから終わった訳ではないかも?


5.ドラム。バンド活動。

マックストーン トレーニングドラムセット TD-5CST

マックストーン トレーニングドラムセット TD-5CST


大学の4年間はドラム、バンド活動にハマっていた。
家にセットが無かったので、膝をパット代わりに叩いて練習していた。そのため、いつも両ヒザに青アザが出来ていた。
かなり熱中していた。
将来はドラムで食べたい!くらいに思っていた。
卒業後はめっきり練習しなくなった。
バンドを辞めたからだ。
一時真剣に練習したお陰で、基礎はある程度出来た。
また、何かのキッカケに再開したいとは思ってる。

6.ニコニコ生放送。

ニコニコ生放送ポケットガイド

ニコニコ生放送ポケットガイド

  • 作者: 島徹,伊予柑,じぇい(粟津昂規)
  • 出版社/メーカー: 毎日コミュニケーションズ
  • 発売日: 2010/11/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 81回
  • この商品を含むブログ (4件) を見る


大学の中盤からハマった。
いわゆるネットラジオだ。
毎晩毎晩、狂ったように放送していた。
どうしたら、人が集まるのか?どうやったら、面白い放送が出来るのか?
眠れなくなるほどに悩み、一時はそのせいで学校もサボっていた。
就活にも影響を来たし、ちょっとヤバかった。
卒業後は全くしなくなった。


と、まあ、他にも色々あったけど、思いついたのだけ並べた。


飽きっぽいことは悪くない。


ぼくは、何でもすぐに飽きていたので、大学の友達からは、
「ハマるのは早いけど、一瞬であきる」とよく言われていた。
事実、そうだと思う。だけど、そんなもんでいいんじゃないかな。

なぜ、そう思うかというと、

飽きっぽいほうが色々挑戦できる、からだ。


もう嫌だなとか、他のことをしたいなと思った時に、嫌でもしぶしぶ続けるのも一つの道だが、色々と移り替わっていくほうが、幅は広がる。
全て中途半端になってしまう恐れもあるが、
これなら、ずっと続けたいって直感で働くものにいつかは出会える。
それと出会った時に、それを頑張ってみればいいと思う。

何かの本にも、飽きっぽくてもいいて書いてあった。我慢するより、楽しいことにどんどん挑戦しなさいみたいな話だったり
この、何でもすぐ忘れる癖はどうにかしたい。


一度始めたら、続けることが美徳のように言われている。


嫌になっても続けなさい、という話はよく聞く。

小さい頃の習いごととか「自分からしたいて言ったのだから、辞めたらだめ!」と言われた。

だけど、それを嫌々頑張ってるよりも、もっと自分が好きなことを見つけるために、色々動いていったほうがいいと思う。
ある程度できるようになったら、楽しくなるという。それは事実ではあるが、ぼくが続いたものは全部、最初から楽しいものばっかりだった。


おしまい。


人生を楽しむためにも、色々と面白いことに挑戦していったらいい。
これまでの人生ではあり得ないような体験ほど、脳がゾクゾクする。
自分からはじめるのはなかなか難しかったりしたら、既にそれをしている知り合いを作るのが一番早い。
なんでも人から習うのが一番の近道だ。